監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

実業団の信号器材チームで長くプレーするベテランの太嶋選手は、安定したカットに加え、フォアハンドでのドライブ、カットからのバックスマッシュを武器とする選手です。体制の崩れないカット技術は全てのカットマンのお手本になることでしょう。

対する中居選手は前陣〜中陣で両ハンド攻撃を得意とします。多彩なサーブからの3球目攻撃、ラリー戦での高い打球点のフォアドライブはキレがあります。

見どころ

粘り強い戦い方が信条の太嶋選手対打球点の高い両ハンド攻撃の中居選手。最も相手が嫌がるボールを早く察知することが勝負の分かれ目になります。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第2ゲーム太嶋選手2対6の場面でのバックコーナーへの深いツッツキで得点した場面です。

一発の威力はないものの、中居選手のフォアドライブはミドルからフォアサイドから打つボールはほとんど凡ミスがありません。唯一ミスが多かったのはバックコーナーへの深いボールに対するフォアハンドです。

第1ゲーム9対7、10対7の場面で太嶋選手はこのバック深いボールで得点を取りますが、第2ゲーム序盤はボールを散らし過ぎてリードを奪われます。2対6の場面で、この最も効果的なボールで2得点。

ここから追い上げ第2ゲームを奪ったことで、精神的にも余裕が生まれ、第3ゲームも要所要所でこのボールで得点を取ります。サーブもバックへ深く、相手のツッツキをもう一度深くツッツキ。このボールはサーブの回転が微妙に残っており対応しにくいボールです。

板垣’S EYE

粘る太嶋選手に対し、中居選手はバックサイドからのフォアハンドでもう少しミスが少なく得点できていたら、一点を争う大接戦になっていたと思います。ここはベテラン太嶋選手の「目」の良さの勝利だったと思います。

試合情報

大会名:2017東京卓球選手権 男子シングルス2回戦
選手名:太嶋佑人(信号器材)vs中居功成(大阪経済法科大)
大会種別:個人戦、シングルス、国内、一般
試合結果:太嶋3-0中居

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう