【今日の1試合】名電OB vs 鎮西OB 玄人好みなラリー戦に注目|卓球動画


監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

卓球界の雄・愛工大名電高校出身の上江洲選手は鍛え上げた中陣での粘りに加え、前陣での両ハンドドライブも得意な選手です。特に逆モーション気味に放つバッククロスのフォアハンドやフォアストレート攻撃など「上手い!」と唸らせる玄人好みのプレーも魅力的です。

長崎の名門・鎮西学園出身の吉野選手は、丁寧な台上処理とバック系技術から、豪快なフォアドライブに結びつけるプレーが得意です。フォアサイドへの動きも速いですが、回り込んでコースを打ち分けるフォアドライブは一振りで得点できる彼のエースボールです。

見どころ

多彩なテクニックで先手を取り攻め続ける上江洲選手に対し、チャンスまで我慢して一撃のフォアハンドで仕留める吉野選手。対照的なプレーをする両者の試合は、上江洲選手がリードを奪いますが…

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第5ゲーム0-0の一本目の上江洲選手のフォアドライブ。
上江洲選手は第4ゲーム9対5とリードし、勝利まで目前でしたが、吉野選手のバックサイドに安全につないだボールを思い切って回り込まれ、吉野選手のエースボールであるフォアハンドドライブを打ち込まれて逆転されてしまいます。

特に吉野選手10対9リードの最後の一本は、上江洲選手のドライブの打球点が落ちた瞬間に回り込みをスタートしひと振りでラリーを終わらせました。

そこで上江洲選手は第5ゲームのスタートの一本目から「チャンスがあったら強気で吉野選手のフォアにドライブしていこう」と考えたはずです。またはベンチコーチのアドバイスだったのかもしれませんが、初球から見逃さずに狙い通りに攻めていくあたりは流石と言えます。

安全にバックにつなぎ、吉野選手に狙われるより、先に強気でフォアを攻めた上江洲選手が勝利を収めました。

板垣’S EYE

上江洲選手は、ただ強く両ハンドを打つだけではなく、打球点やリズムを変えたり、コースを打ち分けたりと「卓球を知っている」プレーが光りました。吉野選手のフォアドライブもボールの威力に加えコースも読みにくく一級品です。若い両選手とも、さらに高い目標に向かって精進して欲しいと思います。

試合情報

大会名:2017東京卓球選手権 男子シングルス3回戦
選手名:上江洲光志(愛工大)vs吉野彪功(中京学院大)
大会種別:個人戦、シングルス、国内、一般
試合結果:上江洲3-2吉野

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう