【予告】大島流・目標達成の思考法、そして"最後の目標"とは<特集・大島祐哉 全3話> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:大島祐哉(木下グループ)/撮影:田口沙織

卓球×インタビュー 【予告】大島流・目標達成の思考法、そして“最後の目標”とは<特集・大島祐哉 全3話>

2021.01.07 文:ラリーズ編集部

9月、東山高校へ取材に伺った際、宮木操監督の「大島が頑張らなあかん」という言葉が印象的だった。大島祐哉(木下グループ)に話を聞きたいと思った。

大島は東山高校卒業時、ある目標を掲げた。

大学4年間で絶対世界選手権の日本代表になる」。

誰も大島が日の丸を背負う存在になるとは想像すらしていなかった。しかし、2015年、大島は世界選手権代表の座を掴み取り、2017年には日本勢48年ぶりの世界選手権ダブルス銀メダルを獲得し、“努力の男”として一躍脚光を浴びた。

大島は高い目標に向け、どのように努力し、達成してきたのか。

そして今、思い描く“最後の目標”とは。

明日より3本の大島祐哉特集をお送りする。

>>“オールフォア”の東山高校卓球部は、常にPDCAを回す理論派集団だった

「何かを捨てなきゃ無理」“努力の天才”大島祐哉、夢を夢で終わらせない目標達成の思考法


写真:大島祐哉(木下グループ)/撮影:田口沙織

>>「何かを捨てなきゃ無理」“努力の天才”大島祐哉、夢を夢で終わらせない目標達成の思考法

急成長の代償で五輪選考レース脱落 “抜け殻になった”大島祐哉が再び前を向いた理由


写真:大島祐哉(木下グループ)/撮影:田口沙織

急成長の代償で五輪選考レース脱落 “抜け殻になった”大島祐哉が再び前を向いた理由

「僕にしかできない最高の形での恩返し」大島祐哉を掻き立てる“最後の目標”


写真:大島祐哉(木下グループ)/撮影:田口沙織

>>「僕にしかできない最高の形での恩返し」大島祐哉を掻き立てる“最後の目標”

大島祐哉の過去インタビュー

>>大島祐哉 “大学は人生の夏休みじゃない” キャリア支える早稲田の4年間

>>大島祐哉が語る戦略的思考「卓球にはストーリーがある」

男子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt