【今週の日本の卓球】世界卓球3人目の代表決定 ジャパントップ12 全日程終了 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
2019.12.23

【今週の日本の卓球】世界卓球3人目の代表決定 ジャパントップ12 全日程終了

写真:伊藤美誠(スターツ・写真左)張本智和(木下グループ・写真右)/撮影:ラリーズ編集部

2019年もあと僅かとなった12月21日、22日にLIONカップ・ジャパントップ12が仙台の地で開催された。本大会ではすでに東京五輪のシングルス代表権を手にしている張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)、伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)を含めた男女12名で頂点が争われた。

初日は五輪代表内定者を除く10名でトーナメントが行われ、その優勝者は22日のトーナメントに進むだけでなく、2020年世界選手権釜山大会(団体戦)の代表権が与えられる。そのため、試合は初日から白熱したものになった。結果は森薗政崇(BOBSON)と平野美宇(日本生命)が21日の混戦を抜け出し、世界選手権への切符を手にした。また2日目のトーナメントでは、張本智和が地元仙台での2年連続の優勝。女子では伊藤美誠が嬉しい初優勝を果たした。

>>伊藤美誠「無敗の女を目指す」、平野美宇「日本に貢献できる選手に」 2020年に向け意気込み

男子 1日目試合結果

森薗政崇(BOBSON)
写真:2年連続世界選手権代表となった森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

男子では、ITTFグランドファイナルを終えたばかりの水谷隼(木下グループ)が腰痛悪化のため棄権となり、全日本選手権ダブルス優勝の木造勇人(愛知工業大)が急きょ出場することとなった。

21日のトーナメント戦では、戸上隼輔(野田学園)や宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)、吉山僚一(愛工大名電中)らジュニア世代が奮闘。中でも戸上隼輔(野田学園)は、2016年世界選手権、リオ五輪で活躍した吉村真晴(名古屋ダイハツ)と対戦。野田学園の先輩後輩対決となった。試合はフルゲームの大激戦となったが、大舞台での経験が豊富な吉村が紙一重で勝利し、準決勝に進んだ。

吉村は続く準決勝で、世界選手権に個人戦(シングルス、ダブルス)で3大会出場している森薗政崇と対戦。試合の前半をゲームカウント3-1で有利に折り返した。しかし、ここから森薗が伊藤美誠に教わったという巻き込みサーブを起点に3ゲームを連取し、逆転勝利を収めた。

また世界ランキングで自己ベストを更新し続けている神巧也T.T彩たま)は準々決勝で木造と対戦。木造のスピード感のあるプレーに苦しんだが、フルゲーム7本で振り切って勝利し、続く準決勝でも勢いそのままに両ハンドドライブが武器の吉村和弘(東京アート)に快勝。

決勝では神が”神サーブ”と言われるほど変化がわかりづらいサーブで森薗に思うようなプレーをさせずに、3ゲームを連取。そのままストレート勝利なるかと思われたが、ここでも森薗が巻き込みサーブからの展開で流れを変え、4ゲームを連取。心技体揃った強さを見せ、大逆転勝利となった。

>>森薗政崇「伊藤選手から教わった」 “美誠サーブ”で世界卓球団体代表切符掴む

男子 2日目試合結果

張本智和(木下グループ)
写真:仙台での2連覇を果たした張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

続く22日では、張本智和VS神巧也、丹羽孝希VS森薗政崇の準決勝が行われた。張本対神の試合は8月のブルガリアオープンぶり2度目となる。初対戦では神は1ゲームを奪うにとどまったが、今回の対戦では張本が1ゲームも奪わせずに完勝。

1日目粘りのプレーで優勝した森薗は丹羽にゲームカウント2-0と引き離されるも2ゲームを返す。しかし、重要な5ゲーム目を3点で落すと一気に突き放され敗れる結果となった。

決勝戦は張本対丹羽となり、地元での優勝に燃える張本が序盤から丹羽を圧倒し、ストレートで優勝を決めた。

>>卓球日本代表・倉嶋監督「張本智和が頭1つ抜けている」 全日本の見どころ語る

女子 1日目試合結果

平野美宇(日本生命)
写真:代表を掴んだ平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

女子1日目には、平野美宇や早田ひな(日本生命)、加藤美優(日本ペイントホールディングス)、佐藤瞳(ミキハウス)らが登場し、どの試合も非常にハイレベルなものとなった。

女子1回戦では、中国電力の成本綾海が世界ジュニア女王の長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)を破る金星を挙げた。成本はその後も得意のサーブと変化のあるプレーで平野美宇も苦しめたが、地力で上回った平野が辛くも勝利し、準決勝へと駒を進めた。平野は準決勝では加藤美優と対戦。試合は加藤も2ゲームを奪ったものの平野が終始ゲームカウントでリードし、最終ゲームも17-15のデュースまでもつれ込んだが、平野が懐の深さを見せて勝利した。

平野と逆側の山では早田が準々決勝で橋本帆乃香(ミキハウス)と対戦し、ストレートで圧倒した。続く準決勝でもカットマンの佐藤と当たり、1ゲーム目のデュースを制しきった早田がそのまま主導権を握って、中国の丁寧(ディンニン)を2度破った佐藤にストレートで勝利を収めた。

決勝ではピッチの速さで勝負する平野対パワーとテクニックの早田の対戦という構図となったが、早田を左右に振り回し、得意のプレーをさせなかった平野が優勝を手にした。

>>佐藤瞳、リオ金・丁寧に金星 8強入り<卓球・グランドファイナル>

女子 2日目試合結果

伊藤美誠(スターツ)
写真:圧巻の強さで初優勝の伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

女子2日目は、伊藤美誠VS早田ひなと、石川佳純VS平野美宇という対戦カードとなった。黄金世代と呼ばれる伊藤と早田の試合では伊藤が1ゲーム目を先制するが、そこから早田が2ゲームを連取し、接戦に。しかし、伊藤はここから世界ランキング4位の実力を見せつける。幅広い戦術で着実に得点を重ね、ゲームカウント4-2で早田の猛攻を退けた。

一方、2週間前のノースアメリカンOPぶりの対戦となった石川VS平野の試合は、平野がプレッシャーを感じさせない思い切ったラリーで石川を振り切り、リベンジを果たした。

決勝では伊藤と平野の”みうみま”対決に。2019年に入って国際大会で3度の刃を交えた両者。どの試合も伊藤が勝利しているが、平野も簡単には負けず、かなりの接戦となっていた。この決勝でも平野の両ハンドドライブにキレがあり、対ドライブに強い伊藤の変化ブロックや”みまパンチ”をものともせずラリーで得点を重ねる。対する伊藤は中国選手との試合も多く、その中で磨いたブロック力で平野の猛攻をしのぎ切り、攻撃以外での得点で平野と差をつけ、見事初優勝を掴んだ。

>>卓球・伊藤美誠、今年活躍したアスリート4位に 平野、石川もランクイン

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.01.23
世界
日本
1
樊振東(中国)
16915 pt
2
許キン(中国)
16475 pt
3
馬龍 (中国)
15975 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9420 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.01.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US