【今週の卓球】中国の東京五輪模擬大会、孫穎莎が2冠 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:孫穎莎(スンイーシャ・中国)/提供:ittfworld

卓球トピック 【今週の卓球】中国の東京五輪模擬大会、孫穎莎が2冠

2020.08.17 文:ラリーズ編集部

8月10日週にあった主な卓球トピックを紹介する。

>>2連覇中の“絶対王者”を追走せよ 「木下キラー」は誰だ|データでみるTリーグ

中国開催の東京五輪模擬大会

8月8日から21日まで2週間に渡り中国では東京五輪の模擬大会が行われている。14日までで混合ダブルス、男女シングルスの全試合が終了した

混合ダブルスでは、許昕(シュシン)/孫穎莎(スンイーシャ)ペアが、女子シングルスでは孫穎莎(スンイーシャ)、男子シングルスでは梁靖崑(リャンジンクン)が優勝を果たした。


写真:孫穎莎(スンイーシャ・中国)/提供:ittfworld

混合ダブルスは、第1シードの樊振東(ファンジェンドン)/陳夢(チェンムン)の世界ランク1位ペアが準決勝で敗れた一方で、第2シードの許昕(シュシン)/孫穎莎(スンイーシャ)ペアは接戦を勝ち上がり見事金メダル獲得となった。日本の伊藤美誠(スターツ)や平野美宇(日本生命)らと同世代の孫穎莎(スンイーシャ)は、女子シングルスでも優勝し、2冠を獲得した。


写真:梁靖崑(リャンジンクン・中国)/提供:ittfworld

男子シングルスでは、梁靖崑(リャンジンクン)が、準決勝で世界ランキング1位の樊振東(ファンジェンドン)に、決勝では王楚欽(ワンチューキン)に勝ち切り、栄冠を手にした。

16日からは男女団体戦が開始している。

全日学・インカレ中止

日本学生卓球連盟は9日、2020年10月21日~25日に愛知県・スカイホール豊田にて開催予定であった「第90回 全日本大学総合選手権・団体の部(インカレ)」と「第87回 全日本大学総合選手権・個人の部(全日学)」を新型コロナウイルスの影響で中止すると発表した。

現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況では選手・役員等の安全と健康の確保が難しいことや、部活動再開のできていない大学が全国的に多くあることからインカレと全日学の中止を決めたという。

東京選手権中止

一般社団法人東京都卓球連盟は11日、「TOKYO OPEN 2021 第73回東京卓球選手権大会」の中止を発表した。新型コロナウイルス感染症拡大ならびに施設環境から判断された。

2020年の第72回も中止となっていたが、2021年の第73回大会も早くも中止が決まった。

東京都卓球連盟によると、感染防止対策を徹底して万全に対応しても、全国から東京に集まる選手・関係者の安心・安全を確保することが難しいと判断したからだという。

また、代替大会として東京登録の会員だけの大会を思案したが、会場である東京体育館の照明がの五輪仕様となるため、例年のようにプレーできる環境ではなく開催を断念した。フロア全体に平均的な明るさが行き届かず、暗い部分があることや、コートによってはまともに照明が目に入り、公平性に欠けるからだと説明している。

8月10日週の特集

笠原弘光特集


写真:笠原弘光(シチズン時計)/提供:笠原弘光

>>不滅の大記録でも「水谷隼は倒れてくれなかった」 31歳・笠原弘光、水谷世代に生まれて

>>水谷隼を追い詰めた試合の裏側 笠原弘光が明かす“じゃんけん研究事件”の真相

平野早矢香特集


写真:平野早矢香氏/撮影:田口沙織

>>最近は「卓球ジャパン!」の鬼と呼ばれて【平野早矢香氏に聞く】(第1話/全5話)

>>「ホカバのライバルは今日の友」【私のホカバ時代・平野早矢香】(第2話/全5話)

>>「試合のない今、大切な二つのこと」【私のホカバ時代・平野早矢香】(第3話/全5話)

8月10日週の人気コラム

>>卓球観戦は「距離が縮まるスポーツ観戦デート」になり得るのか

>>2連覇中の“絶対王者”を追走せよ 「木下キラー」は誰だ|データでみるTリーグ

8月10日週の人気動画

男子ランキング
2020.12.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.06
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt