【パラ卓球】東京パラ五輪世界予選 "バタフライマダム"別所キミヱら男女11名派遣へ | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:別所キミヱ/提供:ittfworld

卓球トピック 【パラ卓球】東京パラ五輪世界予選 “バタフライマダム”別所キミヱら男女11名派遣へ

2020.10.10 文:ラリーズ編集部

日本肢体不自由者卓球協会は10日、東京パラ五輪世界予選トーナメントの選考選手を発表した。世界予選はスロベニア・ラシュコにて2021年4月10日~12日に開催が予定されており、各クラス優勝者には、東京パラ五輪の出場枠が授与される。

>>リオ銀・吉村真晴「共に刺激し合いながら成長」 パラ卓球アンバサダーに就任

男女11名が世界予選に派遣へ

今回、世界予選派遣選手として選考されたのは、男女あわせて11名。

2020年2月に開催されたポーランドオープンにて世界選手権銅メダリストに2連勝するなど成長著しい19歳・齊藤元希のみが監督推薦で選考され、元々の選考条件をクリアしていたリオパラ五輪5位の“バタフライマダム”別所キミヱや、“金髪の卓球王”吉田信一らが名を連ねた。

パラ卓球日本代表監督の新井卓将氏は「コロナ禍で活動もし難い状況ではありますが、半年後に迫った東京パラ世界予選に向けて心機一転、意識を高めて取り組んで行こうという決意です」とコメント。世界予選に向けて、該当選手は本日より特別NT選手として、それぞれの障がいや状況などに合わせた強化サポートを実施していくという。

世界予選トーナメント派遣選手

茶田ゆきみ(クラス3)
別所キミヱ(クラス5)
友野有理(クラス8)
竹内望(クラス10)
皆見信博(クラス2)
吉田信一(クラス3)
齊藤元希(クラス4)
土井健太郎(クラス5)
七野一輝(クラス7)
井上全悠(クラス7)
垣田斉明(クラス10)

補足:パラ卓球11段階のクラス分け

パラ卓球は大きく「車いす」と「立位」の部に分かれ、それぞれ障がいの重さにより5段階のクラスが設けられている(車いすがクラス1~5、立位がクラス6~10。障がいが軽くなるにつれ、クラスの数字が大きくなる)。また知的障がいがクラス11として設けられている。

パラ五輪内定選手について

>>パラ五輪卓球代表に岩渕幸洋、八木克勝が内定 ITTF出場規定満たす
>>世界選手権銅・古川ら3選手、知的障がいクラス11のパラ五輪卓球日本代表に内定

【パラ卓球】金髪の卓球王・吉田信一選手スーパープレー集

男子ランキング
2020.10.19
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.19
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt