【Tリーグ】各チームがプレーオフに向けて意気込み 神巧也「かなり気合入ってますね」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:神巧也(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 【Tリーグ】各チームがプレーオフに向けて意気込み 神巧也「かなり気合入ってますね」

2022.03.01

文:ラリーズ編集部

1日、ノジマTリーグは2020-2021シーズンプレーオフ前日記者会見を実施。プレーオフ進出全5チームから選手が1名ずつ会見に出席して、報道陣の質問に答えた。

佐藤瞳コメント


写真:佐藤瞳(九州アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

最終戦でプレーオフを決めた後のチームの雰囲気は?

最終戦、木下アビエル神奈川さんとの3位をかけた試合に勝って、みんな笑顔ですごく良い雰囲気で終われました。

プレーオフで対戦する日本ペイントマレッツの印象は?

日本ペイントマレッツさんには、普段同じ環境で練習している選手もいますし、ベテランのフォン選手や勢いのある小塩選手、南波選手など、選手がたくさん揃っているので、ビハインドがある中での試合になるんですけど、向かっていきたいなと思っています。

チームのアピールポイントは?

私たち九州アスティーダは、まず私と橋本二人のカットマンダブルス、それに加えて若い選手の横井、面田、出澤、塩見と、戦型にもバリュエーションのある面白いチームだと思います。

芝田沙季コメント


写真:芝田沙季日本ペイントマレッツ)/提供:T.LEAGUE/アフロスポーツ

プレーオフで対戦する九州アスティーダの印象は?

普段の所属が同じ選手が多いので、良くも悪くもお互いの良いところと悪いところは分かっているので。それが良い方に転ぶのか、悪い方に転ぶのかっていうのはありますね。

チームのアピールポイントは?

選手では、大藤選手がプレーと普段でギャップがあるので、そこはファンのみなさんにも見てもらいたいです(笑)あとは、日本ペイントは応援がすごいので、そういったところもファンの皆さんに見てもらいたいと思います。

森さくらコメント


写真:森さくら日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

現在のチームの雰囲気は?

私たちはフルメンバーで戦うことがあまり出来なかったんですけど、最後の4試合はフルメンバーで戦うことができました。ファイナルは海外の選手が来れなかったりするので、気持ちを込めてみんなで4連覇目指していきたいです。

チームのアピールポイントは?

日本生命レッドエルフは個人の力が本当にあると思いますし、それに加えて、今シーズンの私たちのモットーは「強く華麗に勇ましく」なので、そういうふうに頑張っていきたいです。

ファイナルへの意気込みは?

4連覇できるのは今の時点で私たちのチームしかいないので、しっかりと準備をして4連覇を掴み取っていきたいです。

及川瑞基コメント


写真:及川瑞基木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

シーズンを振り返って

シーズン序盤に張本選手が出場していない中で、自分の中で責任感がすごくあって。自分が勝って、張本選手が来たときに少しでも楽をさせたいという思いがあったので、そういう中ですごくいいプレーができたんじゃないかなと思います。

チームのアピールポイントは?

木下マイスター東京は、エースである張本選手を筆頭に、周りを固める実力のある選手がたくさんいることが特徴だと思います。そして、木下マイスター東京は、心地いい応援もありますので、そこもぜひ見ていただけたらなと思います。

ファイナルで対戦するT.T彩たまの印象は?

どのチームも強い選手が揃っていて、どこがいいとか特にないんですけど、どのチームが来てもいいようにしっかりと準備をして戦うだけです。

神巧也コメント


写真:神巧也T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

初のファイナル進出でチームの雰囲気は?

初めてのファイナル進出ということでとても嬉しい気持ちもあるんですけれども、やっぱりファイナルに行ったからには優勝したいなと。今、僕の目の前で他の選手が練習しているんですけど、かなり気合入ってますね。

チームのアピールポイントは?

今年のT.T彩たまはベテランと若手の融合ということで、30代、20代後半の選手と、若手の篠塚選手、曽根選手と。実際に年上の選手はベテランっていうふうにはまだまだ思ってなくて、「まだ若いぞ」っていう気持ちではいるんですけど、年齢的には年上になってしまっているというところで。

そういうふうに切磋琢磨しながらやっていることが、今年のチーム力の高さになっているところかなと思います。

ファイナルで対戦する木下マイスター東京の印象は?

木下マイスター東京さんは常勝チームなので、こちらとしてはもう向かっていくだけかなというところなんですけども、レギュラーシーズンを見てみると、T.T彩たまは3勝4敗でかなりいい試合を繰り広げているので、勝ちに行くつもりで戦いたいなと思います。

及川瑞基インタビュー(2021年2月公開)


写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:田口沙織

>>「張本に勝ってすごいね」全日本王者・及川瑞基の心に火をつけたもの

>>「優勝直後も厳しかった」全日本王者・及川瑞基を支えた“中国の名将”と“欧州のプロ意識”

神巧也インタビュー(2020年4月公開)


写真:神巧也(T.T彩たま)/撮影:保田敬介

>>1年でWR269上昇 “世界で一番伸びた卓球選手”神巧也、飛躍の裏側

“絶対王者”愛工大名電高に潜入!

男子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3400 pt
3
梁靖崑(中国)
2700 pt
1
張本智和(日本)
1985 pt
2
宇田幸矢(日本)
724 pt
3
戸上隼輔(日本)
350 pt
女子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
陳夢(中国)
5225 pt
2
孫頴莎(中国)
5000 pt
3
王曼昱(中国)
3500 pt
1
早田ひな(日本)
2535 pt
2
伊藤美誠(日本)
2225 pt
3
石川佳純(日本)
1240 pt