今季ダブルス11勝左腕・篠塚大登、T.T彩たまと来季契約合意「優勝目指して頑張りたい」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:篠塚大登(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 今季ダブルス11勝左腕・篠塚大登、T.T彩たまと来季契約合意「優勝目指して頑張りたい」

2021.03.25 文:ラリーズ編集部

卓球Tリーグ男子・T.T彩たまは25日、2020-2021シーズンベストペア賞を受賞した篠塚大登(しのづかひろと・愛工大名電高)と2021-2022シーズンの契約に合意したことを発表した。

ベストペア賞受賞の篠塚が4季目も彩たまに

愛工大名電高校に通う篠塚は、2003年12月23日生まれの17歳のサウスポーだ。2019年のインターハイシングルスでは高1ながらシングルス準優勝を果たしている。

卓球男子日本代表の倉嶋洋介監督は「水谷二世と言われるほどボールタッチの柔らかい選手」と篠塚を評しており、Tリーグで対戦した水谷隼は「台湾の林昀儒(リンインジュ)に似てる。両ハンドが安定してるし、サービスもチキータも力がある」と篠塚を高く評価している。


写真:篠塚大登(写真左)・曽根翔(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

篠塚は、Tリーグ2020-2021シーズンでダブルス11勝5敗の成績を残し、特に高校の先輩である曽根翔とのダブルスでは10勝3敗でシーズンベストペア賞を受賞した。シングルスでも、全日本チャンピオンである及川瑞基に勝利しており、来季はシングルス・ダブルスともに活躍が期待されている。

今季最下位に沈んだT.T彩たまは、来季の巻き返しに向け、貴重なサウスポーが戦力として加わった。

篠塚大登コメント


写真:篠塚大登(愛工大名電高)/撮影:ラリーズ編集部

3rdシーズンに引き続き、4thシーズンも契約させていただくことになりました。

3rdシーズンでは曽根さんとベストペア賞を取れ、個人としてはいい結果に終わりましたがチームとしてはなかなかいい結果を残すことが出来ませんでしたので 4thシーズンこそは優勝目指して頑張りたいと思います。4thシーズンもご声援の程よろしくお願い致します。

関連記事

>>T.T彩たま、坂本竜介監督が4季目も続投 「優勝という二文字にこだわりチーム作り」

>>神巧也、T.T彩たまと4季目も契約合意 「今から胸が高鳴ります」

>>T.T彩たま、ピッチフォードと契約合意 イングランドのエースが4季目もT参戦

>>五輪代表に3勝 “異色のオールラウンダー”英田理志、T.T彩たまと契約更新

>>今季9勝の松平健太、T.T彩たまと来季契約更新 五輪代表や全日本王者にも勝利

T.T彩たま・坂本竜介監督インタビュー


写真:坂本竜介監督(T.T彩たま)/撮影:保田敬介

>>坂本竜介に聞く「現代卓球のトレンド」 5年後伸びる日本選手とは

>>ブンデス経験者・坂本竜介が語る ドイツ卓球、選手寿命が長いワケ

>>坂本竜介に聞く 外国選手を「日本で育てる」方法 

>>「ビジネスでも成功する」 坂本監督が語るジンタク急成長のワケ

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt