【大会情報】ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン(女子)の見どころ


文:川嶋弘文(ラリーズ編集部)

ブルガリアオープン(女子)の見どころ

男子の見どころはコチラ

「ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン」が8月15日から8月20日までブルガリア南西部のパナギュリシテで開催される。(日本との時差は6時間。)

海外ツアーの連戦が続く卓球では珍しく、7月初旬のオーストラリアオープン以来約1ヶ月ぶりの国際マッチとなる。

日本女子は世界ランク5位の平野美宇は不参加となるが、世界ランク上位の石川佳純、伊藤美誠、佐藤瞳、森さくら、早田ひな、加藤美優を含む16名がエントリー。

中国を含む世界ランク10位以内の海外選手はエントリーしておらず、日本勢以外だとポータ(ハンガリー・世界ランキング32位)が世界ランク最高位。日本選手の上位独占がほぼ確実視されている。

日本女子は熾烈な代表争いが繰り広げられており、ワールドツアー1戦1戦の結果によって付与されるレーティングポイントが国内ランクを左右する。

今大会でも格下の海外選手に足元をすくわれず、同士討ちを制した選手が多くのポイントを得ることとなる。誰が栄冠を手にするのか注目だ。

女子ダブルスは、カットマンペアの佐藤瞳・橋本帆乃香ペアが第1シード。順当に行けば第4シードの石川佳純・伊藤美誠ペアと準決勝で対決する。

U21(21歳以下の部)は世界ランク50位以内の日本女子選手はエントリーせず。いかに一般シングルスに賭けているかが分かる。逆にU21にエントリーしている元全日本2位の加藤杏華、世界卓球混合複代表の前田美優、全日本社会人チャンプの森薗美月、全日本ジュニアチャンプの笹尾明日香の全員に優勝のチャンスがあり、混戦が予想される。

初日となる8月15日は、21歳以下の部シングルスの準々決勝までと、一般シングルスの予選リーグが行われる。

卓球・日本女子選手のエントリー種目

女子シングルス

選手名所属世界ランク
(2017年8月)
石川佳純全農7位
伊藤美誠スターツSC11位
佐藤瞳ミキハウス12位
橋本帆乃香ミキハウス15位
早田ひな希望が丘高24位
森さくら日本生命26位
加藤美優日本ペイントホールディングス30位
塩見真希四天王寺高34位
芝田沙季ミキハウス38位
浜本由維日本生命44位
森薗美咲日立化成52位
加藤杏華十六銀行63位
前田美優日本生命69位
松澤茉里奈十六銀行72位
森薗美月サンリツ97位
笹尾明日香横浜隼人高109位

女子ダブルス

選手名1選手名2世界ランク
(2017年8月)
石川佳純
全農
伊藤美誠
スターツSC
7位/11位
佐藤瞳
ミキハウス
橋本帆乃香
ミキハウス
12位/15位

U21女子シングルス

選手名所属世界ランク
(2017年8月)
加藤杏華十六銀行63位
前田美優日本生命69位
森薗美月サンリツ97位
笹尾明日香横浜隼人高109位

今大会注目の海外選手

  • ポータ(ハンガリー・世界ランキング32位)
  • EKHOLM Matilda(スウェーデン・世界ランキング35位)
  • 大会名称

    Seamaster 2017 ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン
    (ITTF WORLD TOUR Seamaster 2017 ITTF World Tour, Asarel Bulgaria Open)

    関連記事

  • 【大会情報】ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン(男子)の見どころ
  • 日本女子は塩見真希、芝田沙季が急浮上!男子は吉田雅己、大島祐哉が健闘(8月ITTF卓球世界ランキング)
  • この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう