Tリーガー擁する女子・中央大、全勝で後半戦へ<2019年秋季関東学生卓球リーグ戦> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019年秋季関東学生卓球リーグ戦
2019年9月4日~2019年9月13日・関東
2019.09.06

Tリーガー擁する女子・中央大、全勝で後半戦へ<2019年秋季関東学生卓球リーグ戦>

写真:梅村優香(中央大学)/撮影:ラリーズ編集部

<2019年秋季関東学生卓球リーグ戦 2019年9月4日、5日、11日~13日>

5日、秋季関東学生卓球リーグ戦(以下、リーグ戦)が港区スポーツセンターで行われた。5日間で全7試合行われる1部のリーグ戦の第2戦、第3戦が行われた。

男子1部

龍崎東寅
写真:龍崎東寅(明治大学)/撮影:ラリーズ編集部

関東学生リーグ第3戦、春季1位の明治大は、春季6位の法政大と対戦。

1番で出雲卓斗(明治大)が青山昇太(法政大)に1-3で敗れるも2,3番がしっかりと流れを明治側へと持っていき、2-1とリードした。続くダブルスはフルセットまでもつれこむも法政大に軍配。明治大は苦しい展開となったが、明治大が王者の貫禄を見せ、5,6番がしっかりと勝ち切り4-2で勝利した。

>>出雲に勝利した青山の用具紹介はこちら!

緒方遼太郎(早稲田大学)
写真:緒方遼太郎(早稲田大学)/撮影:ラリーズ編集部

春季2位の早稲田大学と春季5位の筑波大学の対戦は、両者譲らぬ大接戦となった。5番終了時点で、3-2と筑波大がリード。後がなくなった早稲田は、6番岩永宜久が1年生ながら堂々たるプレーを見せ、梅崎光明(筑波大)を下した。

ラストは葉波啓(早稲田大)対原田卓哉(筑波大)。前半原田がリードするも、4セット目デュースを13-11で葉波が取り、その勢いのまま3-2で葉波が勝利。4-3で早稲田大学が勝利した。

>>早稲田大学卓球部主将・硴塚将人の用具紹介はこちら!

女子1部

早稲田大学ベンチ
写真:早稲田大学ベンチの様子/撮影:ラリーズ編集部

春季1位の早稲田大学と春季6位の専修大学がリーグ第3戦で激突。

2番で2017年の全日本ジュニア優勝の笹尾明日香(早稲田大学)が大島奈々(専修大学)を相手に、持ち前の正確かつ鋭い攻撃で勝ち切り、早稲田を勝利へと導いた。

>>早稲田支える笹尾明日香の用具紹介はこちら!

瀬山・山本(中央大学)
写真:瀬山咲希(写真手前)・山本笙子ペア(中央大学)/撮影:ラリーズ編集部

春季2位の中央大学は、Tリーグ・TOP名古屋にも参戦している森田彩音、山本笙子、梅村優香の3選手を筆頭に選手層が厚い。3戦3勝でリーグ前半戦を終え、悲願のリーグ優勝に向け、好スタートを切った。

>>中央大学で活躍する中澤紬の用具紹介はこちら!

男子結果

第2戦

専修大学(2勝0敗) 4-1 筑波大学(0勝2敗)
中央大学(2勝0敗) 4-1 法政大学(0勝2敗)
明治大学(2勝0敗) 4-0 日本体育大学(0勝2敗)
早稲田大学(2勝0敗) 4-1 大正大学(0勝2敗)

第3戦

専修大学(3勝0敗) 4-0 大正大学(0勝3敗)
中央大学(3勝0敗) 4-1 日本体育大学(0勝3敗)
明治大学(3勝0敗) 4-2 法政大学(0勝3敗)
早稲田大学(3勝0敗) 4-3 筑波大学(0勝3敗)

>>卓球選手たちの勝負道具・用具を徹底解説 俺の卓球ギア

女子結果

第2戦

青山学院大学(1勝1敗) 4-2 日本大学(0勝2敗)
専修大学(2勝0敗) 4-3 東京富士大学(1勝1敗)
早稲田大学(2勝0敗)4-1 日本体育大学(0勝2敗)
中央大学(2勝0敗) 4-1 筑波大学(0勝2敗)

第3戦

青山学院大学(2勝1敗) 4-1 筑波大学(0勝3敗)
東京富士大学(2勝1敗) 4-2 日本体育大学(0勝3敗)
早稲田大学(3勝0敗) 4-1 専修大学(2勝1敗)
中央大学(3勝0敗) 4-1 日本大学(0勝3敗)

>>森田彩音、早田ひな下す TOP名古屋に新ヒロイン誕生

文:ラリーズ編集部

コメント
0