【卓球】Tリーガー有延活躍でリコーが全日本団体優勝<平成30年度全日本卓球選手権大会(団体の部)男子結果> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
【卓球】Tリーガー有延活躍でリコーが全日本団体優勝<平成30年度全日本卓球選手権大会(団体の部)男子結果>

【卓球】Tリーガー有延活躍でリコーが全日本団体優勝<平成30年度全日本卓球選手権大会(団体の部)男子結果>

*写真は有延大夢(リコー/琉球アスティーダ)

<平成30年度全日本卓球選手権大会(団体の部) 2018年10月12日〜14日>

Tリーガー・有延擁するリコーが初優勝

14日、全日本卓球選手権大会(団体の部)が最終日を迎え、男女準決勝〜決勝が行われた。全日本選手権大会団体の部は男女それぞれ12チームで行われる大会で、今年度実施された全日本実業団選手権、日本リーグ前期、全日本大学総合(団体)全国高校選手権の上位チーム他、地元茨城県選抜チーム、そしてジュニアナショナルチーム等がしのぎを削る。

男子決勝は2年ぶりの優勝を狙う東京アートと、初優勝を狙うリコーの対戦となった。東京アートには村松雄斗(10月度世界ランキング241位・22歳)=東京アート/琉球アスティーダ=、リコーには有延大夢(10月度世界ランキング233位・23歳)=リコー/琉球アスティーダ=が所属しており、両チームともTリーガーを擁している。

1番手は東京アートのエース・高木和卓と鹿屋良平の対決となり、高木和がゲームカウント3-0のストレートで勝利。ここで流れを引き渡すわけにはいかないリコーは有延が東京アートの主将・大矢英俊をゲームカウント3-1で破り勝負は振り出しに。

運命の3番手は誕生日を迎えたばかりの東京アート・村松雄斗がリコー・池田忠功に対しゲームカウント3-1で勝利。東京アートは優勝に王手をかける。後がないリコーだったが、4番手でエース有延が再び登場し、高木和にゲームカウント3-1で勝利すると、ラストで鹿屋が大矢とのフルゲームの熱戦を制し、初優勝を飾った。

Tリーガー有延や、村松の活躍が著しかった全日本選手権団体の部。Tリーグの開幕がますます待ちきれない。

全日本卓球選手権大会(団体の部) 男子決勝結果

リコー 3-2 東京アート

鹿屋良平 0-3 ◯高木和卓
6-11/4-11/7-11

◯有延大夢 3-1 大矢英俊
11-6/11-9/8-11/11-5

池田忠功 1-3 ◯村松雄斗
7-11/13-11/2-11/8-11

◯有延大夢 3-1 高木和卓
10-12/11-6/11-7/13-11

◯鹿屋良平 3-2 大矢英俊
7-11/11-2/13-11/9-11/11-8

全日本卓球選手権大会(団体の部) 男子最終結果

<優勝>
リコー

<準優勝>
東京アート

<ベスト4>
専修大学、愛知工業大学名電高等学校

文:ラリーズ編集部
写真:伊藤圭

コメント
0
男子ランキング
2019.03.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
17001 pt
2
許キン(中国)
15835 pt
3
林高遠 (中国)
15031 pt
1
張本智和(日本)
14625 pt
2
丹羽孝希(日本)
12466 pt
3
水谷隼(日本)
12165 pt
女子ランキング
2019.03.22
世界
日本
1
丁寧 (中国)
16515 pt
2
朱雨玲 (中国)
16059 pt
3
陳夢 (中国)
15699 pt
1
石川佳純(日本)
15248 pt
2
伊藤美誠(日本)
13880 pt
3
平野美宇(日本)
13065 pt
SNS
FOLLOW US