張本/早田ペア、決勝進出 難敵フランスペアに勝利<卓球・オーストリアオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・オーストリアオープン
2019年11月12日~2019年11月17日・リンツ
2019.11.15

張本/早田ペア、決勝進出 難敵フランスペアに勝利<卓球・オーストリアオープン>

写真:張本智和(木下グループ・写真右)/早田ひな(日本生命)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・オーストリアオープン 2019年11月12日~11月17日>

15日、大会4日目を迎えITTFワールドツアー・オーストリアオープンは、混合ダブルス準決勝が行われ日本から張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)が登場した。同ペアは、準々決勝で水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)との日本人対決を制して準決勝に進んでいた。張本/早田はフランスペアに3-2で勝利し、決勝進出を決めた。

>>張本/早田が4強入り 日本人対決制す<卓球・オーストリアオープン>

張本/早田、決勝進出

エマニュエル・ルベッソン/YUAN Jia Nan(フランス)
写真:エマニュエル・ルベッソン/ユアン・ジャナン(フランス)/提供:ittfworld

張本/早田の準決勝の相手はフランスのエマニュエル・ルベッソン/ユアン・ジャナンだ。ルベッソンの中陣でのプレーとユアン・ジャナンの前陣のプレーのコンビネーションに苦しめられゲームカウント1-2と追い詰められた。

劣勢の中、負けじと張本/早田の反撃が始まる。第4ゲームからコンビネーションがさらに良くなり、勝負は最終ゲームに託された。第5ゲームは手に汗握る一進一退の攻防。日本ペアが得点すれば、フランスペアも得点する。

8-6と日本ペアが2点リードしたところでフランスペアがたまらずタイムアウト。審判の判定に抗議する場面など見られたが、張本のバックハンドでマッチポイントを握る。最後は、ルベッソンのレシーブが空を切り、日本ペアの決勝進出が決まった。

決勝は、中国の林高遠(リンガオユエン)/朱雨玲(ジュユリン)との対戦が決まった。中国のトップ選手を相手にどのような戦いをするかに注目が集まる。

>>卓球界のレジェンドが語る “2019年の卓球はこうなる”<宮崎義仁氏・特別インタビュー 後編>

詳細スコア

○張本智和/早田ひな 3-2 エマニュエル・ルベッソン/ユアン・ジャナン(フランス)
8-11/11-7/7-11/11-7/11-8

>>【早田ひな#3】“黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US