樊振東が2連覇 張本智和は日本男子初の銀メダル<卓球・男子ワールドカップ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
2019男子ワールドカップ
11月29日(金)~12月1日(日)・成都(中国)
2019.12.02

樊振東が2連覇 張本智和は日本男子初の銀メダル<卓球・男子ワールドカップ>

写真:日本男子初となる銀メダルを獲得した張本智和(写真左・木下グループ)/提供:ittfworld

<2019男子ワールドカップ(成都)2019年11月29日〜12月1日>

1日、男子ワールドカップは大会全日程を終え、現世界ランキング1位の樊振東(ファンジェンドン・中国)が2連覇、3度目の優勝を達成した。

日本選手では、張本智和(木下グループ)が準決勝で世界選手権3連覇中の馬龍(マロン・中国)に勝利し、決勝進出。決勝では惜しくも敗れたが、日本男子初となる銀メダルを獲得した。

>>男子ワールドカップ大会報道記事一覧はこちら!

張本が世界王者に勝利

harimoto
写真:準決勝で自らを鼓舞する張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

準決勝の張本の相手は、世界選手権3連覇中の馬龍(中国)。今年5月に開催された中国オープン以来、5度目と対戦となった。過去1勝3敗と分の悪い相手だったが、今回は4-2で張本が勝利した。

試合は序盤から激しい打ち合いが繰り広げられた。張本はバックハンドのストレート攻撃を要所に決め、試合の主導権を握る。張本が3ゲームを連取した後、馬龍が緩急をつけたボールを織り交ぜて張本のリズムを崩す。

ゲームカウント3-2で迎えた第6ゲーム、張本のバックハンドが再び火を噴き、序盤からリードを奪う。そして10-5で迎えたマッチポイント、最後は張本のカウンターフォアドライブが決まり、4-2で歴史的な勝利を飾った。

張本は、試合後の勝利者インタビューで「相手は自分より強いのでリラックスして挑戦する気持ちで戦った」と語った。

>>張本智和「挑戦する気持ちで戦った」 世界王者下し日本男子初の決勝へ<卓球・男子ワールドカップ>

樊振東、中国の意地を見せる

fan
写真:準決勝でガッツポーズを見せる樊振東(中国)/提供:ittfworld

もう1つの準決勝は、林昀儒と樊振東の対戦となった。

今年だけで4度対戦している両者。先日行われたオーストリアオープンでは樊振東がゲームカウント4-2で勝利し、対戦成績を3勝1敗と伸ばしていた。

試合は第1ゲームをパワーで押し切った樊振東が奪うと、第2ゲームも勢いのままに奪取し、ゲームカウントを2-0とリードする。

林昀儒も得意のサーブと鋭いバックハンドで対抗するが、最後まで樊振東の威力あるドライブに上手く対応することはできず。うなるようなドライブを随所で見せた樊振東が、続く第3、第4ゲームを連取し、ゲームカウント4-0のストレート勝ちを収めた。

>>前回王者・樊振東、台湾の18歳に圧勝<卓球・男子ワールドカップ>

林昀儒、2度目の馬龍越え

lin 3rd
写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

3位決定戦は、林昀儒と馬龍という組み合わせとなった。

試合序盤は、林昀儒が得意のチキータレシーブとバックストレートのロングサービスで主導権を握る。

対する馬龍は、前陣での早いテンポのラリーと中陣からの回転量の多いドライブを織り交ぜて、林昀儒のタイミングを崩していく。

ゲームカウントは3-3となり、勝負の行方は最終第7ゲームへともつれ込む。第7ゲーム、序盤は接戦となるが、6-4から林昀儒が5連続ポイント。最後は林昀儒が11-4でこの激闘に終止符を打ち、見事銅メダルを獲得した。

>>18歳の神童・林昀儒が銅メダル 世界王者との激闘制す<卓球・男子ワールドカップ>

樊振東が2連覇を達成

harimoto
写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

決勝は、日本男子初となる優勝を目指す張本と前回大会王者、2連覇を目指す樊振東との対戦となった。

今回の試合では、両者1ポイントごとに声を出し、気合い十分の立ち上がり。樊振東のパワーボール、俊敏なフットワークに張本は得意の高速バックハンドや前陣でのプレーで対抗する。

2-1と張本リードで迎えた第4ゲーム、樊振東はサーブをミドルからのYGサーブに変更。得意のチキータレシーブも見せる。張本も多彩なレシーブで対抗するも樊振東のパワーのあるボールに対して、苦しい展開が続く。

最終第6ゲーム中盤、樊振東は驚異の8連続ポイントで5-9と張本を追い詰めると、最後は張本がまさかのサーブミスで激戦は静かに幕を引いた。

敗れはしたものの、張本は日本人初の男子ワールドカップ決勝進出を果たし、見事銀メダルを獲得した。

>>張本智和、世界ランク1位に敗れるも価値ある銀メダル<卓球・男子ワールドカップ>

詳細スコア

準決勝

〇張本智和 4-2 馬龍(中国)
11-6/11-9/11-8/8-11/4-11/11-5

〇樊振東(中国)4-0 林昀儒(チャイニーズタイペイ)
11-8/11-6/11-8/11-5

3位決定戦

馬龍(中国)3-4 〇林昀儒(チャイニーズタイペイ)
4-11/11-13/11-8/11-9/8-11/11-5/4-11

決勝

張本智和 2-4 ○樊振東
11-9/4-11/11-6/8-11/2-11/7-11

>>卓球・男女ワールドカップ 歴代優勝一覧|完全保存版

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US