張本智和「挑戦する気持ちで戦った」 世界王者下し日本男子初の決勝へ<卓球・男子ワールドカップ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:馬龍(中国)/提供:ittfworld

国際大会 張本智和「挑戦する気持ちで戦った」 世界王者下し日本男子初の決勝へ<卓球・男子ワールドカップ>

2019.12.01 文:ラリーズ編集部

<2019男子ワールドカップ(成都) 2019年11月29日~12月1日>

1日、男子ワールドカップは大会最終日を迎え、男子シングルス準決勝が行われた。日本からは張本智和(木下グループ)が登場し、世界選手権3連覇中の中国・馬龍(マロン)と対戦。結果はゲームカウント4-2で張本が世界王者を下し、大金星を挙げた。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

張本「挑戦する気持ちで戦った」


写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

張本が「世界で一番強い相手」と評する馬龍。張本と馬龍は過去4度対峙しており、張本が1勝3敗と負け越している。直近では今年の中国オープンで対戦し、その際は張本が序盤リードするも、世界王者・馬龍の修正能力を見せつけられ、ゲームカウント1-4で逆転負けを喫していた。

試合は序盤、張本が試合の主導権を握る。張本はバックハンドのストレート攻撃を要所で決め11-6で第1ゲームを奪うと、続く第2ゲームはサービスで馬龍を翻弄し、ゲームカウントを2-0とする。

第3ゲームからも張本の勢いは止まらない。低いトスのサーブに変更してきた馬龍に対し、張本はレシーブからチキータで果敢に攻め、ラリーでの主導権を渡さなかった。このゲームを奪った張本はゲームカウントは3-0とし、勝利に王手をかける。

しかし第4ゲームからは世界王者・馬龍が反撃を開始。パワードライブではなく、あえて緩いループドライブを多用することで張本のリズムを崩し、2ゲームを連取する。

ゲームカウント3-2で迎えた第6ゲーム、張本のバックハンドが再び火を噴き、序盤からリードを奪う。そして10-5で迎えたマッチポイント、最後は張本のカウンターフォアドライブが決まり、4-2で歴史的な勝利を飾った。

試合後の勝利者インタビューで「相手は自分より強いのでリラックスして挑戦する気持ちで戦った」と語った張本。決勝では樊振東(ファンジェンドン・中国)と林昀儒(リンインジュ・チャイニーズタイペイ)の勝者と対決する。

>>“伝説の中国越え男”・松平健太が語る中国の強さとは?

詳細スコア


写真:馬龍(中国)/提供:ittfworld

〇張本智和 4-2 馬龍(中国)
11-6/11-9/11-8/8-11/4-11/11-5

>>男子ワールドカップ・最終日見どころはこちらから

男子ランキング
2020.07.10
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.10
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt