早田ひな、平野美宇が完勝で8強入り 快進撃の篠塚も準々決勝進出<卓球・WTTコンテンダーアルマトイ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:早田ひな(日本生命)/提供:WTT

大会報道 早田ひな、平野美宇が完勝で8強入り 快進撃の篠塚も準々決勝進出<卓球・WTTコンテンダーアルマトイ>

2022.09.17

文:ラリーズ編集部

<卓球・WTTコンテンダーアルマトイ 日程:9月13日~18日 場所:アルマトイ(カザフスタン)>

16日、大会4日目を迎えたWTTコンテンダーアルマトイは各種目の2回戦が行われた。

早田、平野はゲーム落とさず快勝

女子シングルスには早田ひな(日本生命)と平野美宇(木下グループ)が2回戦に出場した。早田はカットマンを相手に、早いテンポのラリーと鋭いフォアハンドで得点を重ね、ストレートで完勝。平野も中国選手を相手にコースをついた両ハンドやサーブで主導権を握り、各ゲームで競り合いながらもゲームカウント3-0で勝利をおさめた。


写真:早田ひな(日本生命)と平野美宇(木下グループ)/提供:WTT

女子ダブルスにも登場した2人は落ち着いたプレーで中国ペアを寄せ付けず、準決勝進出を決めた。シングルス、ダブルス共に、早田と平野の活躍から目が離せない。

篠塚、勢い止まらず準々決勝進出

男子シングルス2回戦には、1回戦で李尚洙(イサンス・韓国)に勝利して勢いに乗る篠塚大登(愛知工業大)が登場。


写真:篠塚大登(愛知工業大)/提供:WTT

2回戦ではカットマンのワン・ヤン(スロバキア)との対戦となった。相手にカットをさせず、早いテンポで攻撃を仕掛けた篠塚は1、2ゲーム目を連取する。3ゲーム目は相手のサービスと回転の強いカットに苦しめられ落とすも、勢いで押し切り、ゲームカウント3‐1で勝利した。

16日日本選手試合結果

男子シングルス2回戦

〇篠塚大登(愛知工業大学)3–1 ワン・ヤン(スロバキア)

丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)1–3 CHEN Yuanyu(中国)〇

女子シングルス2回戦

〇早田ひな(日本生命)3–0 リンダ・バルグストローム(スウェーデン)

〇平野美宇(木下グループ) 3–0 Xu Yi(中国)

女子ダブルス2回戦

〇早田ひな(日本生命)/平野美宇(木下グループ) 3–0 Xu Yi(中国)/FAN Shuhan(中国)

17日日本選手試合予定

男子シングルス準々決勝

篠塚大登(愛知工業大学)– CHEN Yuanyu(中国)

女子シングルス準々決勝

早田ひな(日本生命)– ベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)

平野美宇(木下グループ) – チャン・リリー(アメリカ)

女子ダブルス3回戦

早田ひな(日本生命)/平野美宇(木下グループ) – 陳思羽(チェンズーユ)/HUANG Yi-Hua(チャイニーズタイペイ)

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?

>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

男子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3045 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5575 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1575 pt