【卓球】伊藤vs長崎の日本人対決は絶好調・伊藤に軍配<女子オーストリアOP>


*写真:伊藤美誠/ittfworld

<オーストリアオープン(リンツ)2018年11月6日〜11日>

6日から始まったオーストリアオープンはいよいよ決勝トーナメントに突入した。日本女子では、シード権を獲得していた、石川佳純11月度世界ランキング3位・25歳)=全農/Tリーグ木下アビエル神奈川=、平野美宇(同9位・18歳)=日本生命/Tリーグ・日本生命レッドエルフ=、伊藤美誠(同7位・18歳)=スターツSC=、佐藤瞳(同13位・20歳)=ミキハウス=に加え、予選リーグを突破した長崎美柚(同37位・16歳)=JOCエリートアカデミー/Tリーグ・木下アビエル神奈川=、橋本帆乃香(同29位・20歳)=ミキハウス=、早田ひな(同30位・18歳)=日本生命/Tリーグ・日本生命レッドエルフ=、安藤みなみ(同41位・21歳)=専修大学/Tリーグ・TOP名古屋=が出場した。

日本卓球界を牽引する石川は、中国の何卓佳(同91位・20歳)と対戦したが、ゲームカウント0-4とストレートで敗北。決勝トーナメント1回戦で姿を消した。佐藤もベルナデッタ・スッチ(同19位・23歳)=ルーマニア=相手に、フルゲームまで粘ったものの惜敗。安藤もTリーグでは同チームであるチャイニーズタイペイの鄭怡静(同8位・26歳)に1-4で敗北した。

決勝トーナメント1回戦では、日本人ティーン世代対決が2試合組まれていた。1つ目は伊藤と長崎。年上の伊藤が安定した試合運びで長崎に4-1で勝利し、2回戦へと駒を進めた。2つ目は平野と早田との対戦。想像を超える大接戦になり、フルゲームまでもつれ込んだが、最後は平野がペースを掴み勝利した。

勢いに乗る伊藤美誠、ツアー2連勝なるか。

オーストリアOP 大会3日目(日本女子の結果)

女子シングルス決勝トーナメント

<1回戦>
◯橋本帆乃香 4-0 アメリー・ゾルヤ(オーストリア)
11-3/11-1/11-5/11-5

◯伊藤美誠 4-1 長崎美柚
11-7/1-11/11-6/11-7/11-7

佐藤瞳 3-4 ◯ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)
10-12/11-8/6-11/11-7/10-12/11-7/10-12

石川佳純 0-4 ◯何卓佳(中国)
5-11/5-11/4-11/4-11

安藤みなみ 1-4 ◯鄭怡静(台湾)
7-11/6-11/11-9/6-11/7-11

◯平野美宇 4-3 早田ひな
6-11/11-6/5-11/11-3/13-11/7-11/11-8

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする