【卓球】張本智和、水谷隼を下しベスト8進出 <男子オーストリアOP>


*写真:張本智和(JOCエリートアカデミー)/ittfworld

<オーストリアオープン(リンツ)2018年11月6日〜11日>

9日、大会4日目となったオーストリアオープンでは、男女ともに決勝トーナメントが行われている。男子シングルスでは、張本智和11月度世界ランキング6位・15歳)=JOCエリートアカデミー/Tリーグ木下マイスター東京=、水谷隼(同19位・29歳)=木下グループ/木下マイスター東京=、丹羽孝希(同10位・24歳)=スヴェンソン/琉球アスティーダ=、吉村和弘(同83位・22歳)=愛知工業大学/岡山リベッツ=、金光宏暢(同471位・18歳)=大原学園=、上田仁(同36位・26歳)=岡山リベッツ=、また男子ダブルスでは、森薗政崇(同39位・23歳)=岡山リベッツと大島祐哉(同29位・24歳)=木下グループ/木下マイスター東京=ペアが残っている。

予選リーグを順調に勝ち上がってきた上田仁は、世界ランク1位の樊振東(21歳)と対戦した。1ゲーム目を獲得するも相手の勢いに飲まれ、ベスト8に進出ならず。

一方、日本勢が順調に勝ち上がった結果、ベスト8決定では二つの日本人対決が組まれた。一つ目は丹羽と吉村和弘。年上の丹羽が安定の試合運びを見せ、ゲームカウント4-0でベスト8入りを果たした。二つ目は注目を浴びた日本の2トップ対決、張本と水谷だ。張本は序盤から積極的に攻め、自分のペースに水谷を巻き込みゲームカウント4-1で勝利した。

準々決勝では、丹羽は上田を下した世界ランク1位の樊振東(21歳)=中国=と、張本は世界ランク2位の許シン(28歳)=中国=と対戦予定だ。世界のトップ2との対戦に注目が集まる。

男子ダブルスでは、森薗政崇と大島祐哉組が第1ゲーム目を取られるも、ゲームカウント3-1で勝利し、決勝へ進出した。

オーストリアOP 大会4日目(日本男子の結果)

男子シングルス

<ベスト8決定戦>
上田仁 1-4 ◯樊振東(中国)
11-9/4-11/2-11/4-11/4-11

◯丹羽孝希 4-0 吉村和弘
11-9/11-7/11-6/12-10

金光宏暢 1-4 ◯リアム・ピッチフォード(イングランド)
116/3-11/11-13/7-11/8-11

◯張本智和 4-1 水谷隼
11-6/11-5/9-11/11-8/11-7

男子ダブルス

<準決勝>
◯森薗政崇/大島祐哉組 3-1 オビディウ・イオネスク/アルバーロ・ロブレス
3-11/13-11/11-5/11-7

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする