【卓球】大島/森薗ペア 前大会の雪辱を果たし今年初優勝<男子オーストリアOP> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

*写真:森薗政崇(岡山リベッツ・左)、大島祐哉(木下グループ)/ittfworld

大会報道 【卓球】大島/森薗ペア 前大会の雪辱を果たし今年初優勝<男子オーストリアOP>

2018.11.12

<オーストリアオープン(リンツ)2018年11月6日〜11日>
オーストリアオープンは11日、最終日を迎え、各種目で決勝戦が行われた。日本男子では、男子ダブルスで、森薗政崇11月度世界ランキング39位・23歳)=岡山リベッツ=と大島祐哉(同29位・24歳)=木下グループ/Tリーグ木下マイスター東京=ペアが決勝に進出していた。

決勝の相手は、イ・サンス(同7位・28歳)/チョン・ヨンシク(同26位・26歳)=韓国=であり、過去に何度も対戦をしている相手だ。今年7月に行われた、ワールドツアーオーストラリアオープンではゲームカウント0-3で敗退しているものの、2017年に行われた世界選手権ドイツ大会では、ゲームカウント4-2で勝利している。

序盤から厳しいコースを狙われたものの、大島の豪打と、森薗の鋭いカウンターが炸裂し、2ゲームを先取。しかし第3ゲームは韓国ペアがラッキーポイントもあり、一方的に得点を重ねこのゲームを奪取。

ここで流れを引き渡すわけにはいかない大島/森薗ペアは高い集中力保ちながらペースを取り戻し、終始リードをキープしたままゲームカウント3-1で勝利。前大会での雪辱を果たし、見事男子ダブルス優勝を果たした。

大島/森薗ペアは5月の香港OP、7月のオーストラリアOP、8月のブルガリアOPと準優勝であったため、今年初のダブルス優勝となった。

森薗は試合後、「今年はずっと準優勝だったので、やっと優勝できて嬉しい。前回優勝したグランドファイナルには万全の準備をして臨んで、また優勝したいです。」と流暢な英語でコメントした。

男子ダブルス決勝の4人は、全員Tリーガーである。来週末から行われるTリーグでの活躍に期待がますます高まる。

男子シングルスでは、梁靖崑(同80位・22歳)=中国=が世界ランク2位の許キン(28歳)=中国=に勝利し、ワールドツアー初優勝を飾った。

オーストリアOP 大会6日目(日本男子結果)

男子ダブルス

大島祐哉/森薗政崇 3-1 イ・サンス/チョン・ヨンシク(韓国)
12-10/11-9/3-11/11-4

オーストリアOP (男子最終結果)

シングルス

<優勝>
梁靖崑(中国)

<準優勝>
許キン(中国)

<ベスト4>
樊振東(中国)、リアム・ピッチフォード(イングランド)

<ベスト8>
丹羽孝希張本智和ティモ・ボル(ドイツ)、ヒューゴ・カルデラノ(ブラジル)

ダブルス

<優勝>
森薗政崇/大島祐哉

<準優勝>
イ・サンス/チョン・ヨンシク(韓国)

男子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
5500 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3020 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5580 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1540 pt