【卓球】石川・伊藤らがアジアの強豪を破り準々決勝に進出<スウェーデンOP2018女子> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会
2019.1.14(月)〜20(日)・大阪

【卓球】石川・伊藤らがアジアの強豪を破り準々決勝に進出<スウェーデンOP2018女子>

*写真:伊藤美誠(スターツSC)/ittfworld

<2018スウェーデンオープン(ストックホルム) 2018年10月29日~11月4日>

大会5日目となったスウェーデンオープンは男女シングルス・ダブルス決勝トーナメントが行われている。女子シングルスでは、石川佳純11月度世界ランキング3位・25歳)=全農=、伊藤美誠(同7位・18歳)=スターツSC=、佐藤瞳(同13位・20歳)=ミキハウス=、加藤美優(同20位・19歳)=日本ペイントホールディングス=が勝ち残っている。

石川は先日のTリーグ開幕戦で勝利した李皓晴(同27位・25歳)=中国香港/Tリーグ日本ペイントマレッツ=と再び対戦。ゲームカウント4-0で快勝し、準々決勝に駒を進めた。

一方、伊藤は馮天薇(同11位・32歳)=シンガポール/Tリーグ・日本ペイントマレッツ=と対戦した。ベテランの馮天薇は老獪なプレーでゲームカウント3-2と準々決勝進出に王手をかける。しかし、ここで簡単に負ける伊藤ではない。伊藤のメンタルの強さは“心臓に毛が生えている”とも表現されるほどである。ここから2ゲームを一気に取り返し、ゲームカウント4-3のフルゲームで勝利した。

また、加藤はベスト8決定戦でYANG Xiaoxin(同80位・30歳)=モナコ=にゲームカウント4-0のストレートで勝利したのち、一足先に準々決勝を行った。対戦相手は世界ランキング1位の朱雨玲(23歳)=中国=だ。格上に対して積極的に攻めたものの、朱雨玲の安定感には敵わず、ゲームカウント1-4で敗北した。

スウェーデンOP 大会5日目(日本女子の結果)

女子シングルス

<ベスト8決定戦>
◯石川佳純 4-0 李皓晴(中国香港)
11-6/11-4/11-9/11-8

◯伊藤美誠 4-3 馮天薇(シンガポール)
2-11/9-11/12-10/11-6/5-11/11-5/11-9

佐藤瞳 3-4 ◯王曼昱(中国)
11-9/11-5/7-11/6-11/6-11/11-9/5-11

◯加藤美優 4-0 YANG Xiaoxin(モナコ)
13-11/11-8/11-9/11-4

<準々決勝>
加藤美優 1-4 ◯朱雨玲(中国)
8-11/4-11/7-11/12-10/16-18

女子ダブルス

<準々決勝>
石川佳純/伊藤美誠 0-3 ◯陳可/王曼昱(中国)
10-12/9-11/5-11

橋本帆乃香/佐藤瞳 2-3 ◯陳幸同/孫穎莎(中国)
3-11/10-12/14-12/11-7/9-11

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.01.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
17001 pt
2
許キン(中国)
15835 pt
3
張本智和(日本)
14625 pt
1
張本智和(日本)
13860 pt
2
丹羽孝希(日本)
12466 pt
3
水谷隼(日本)
11205 pt
女子ランキング
2019.01.21
世界
日本
1
丁寧 (中国)
16515 pt
2
朱雨玲 (中国)
15969 pt
3
石川佳純(日本)
15248 pt
1
石川佳純(日本)
15248 pt
2
伊藤美誠(日本)
14135 pt
3
平野美宇(日本)
13065 pt
SNS
FOLLOW US