吉村真晴が元世界王者・張継科に大金星【ITTFワールドツアー・香港オープン男子3日目の結果】


*写真は2017ジャパンオープンの吉村真晴(名古屋ダイハツ)
<2018年5月22日〜5月27日 ITTFワールドツアー・香港オープン (ハンセン)>

2018年香港オープン 大会3日目までの結果

5月22日から5月27日にかけてITTFワールドツアー・香港オープンがハンセンで行われている。

日本からは松平健太、大島祐哉、吉村真晴、上田仁、𠮷田雅己、宇田幸矢、金光宏暢、森薗政崇、木造勇人、吉村和弘、松山祐季、松平賢二、髙見真己、平野友樹の14名の男子選手が出場している。

大会3日目はシングルス決勝トーナメント1回戦、ダブルス決勝トーナメント1回戦が行われた。

吉村真晴が元世界王者に大金星

吉村真晴5月度世界ランキング25位・名古屋ダイハツ)が元世界チャンピオンの張継科(5月度世界ランキング168位・中国)に大金星を挙げた。

吉村は張継科が得意とするバックハンドとの勝負に持っていき、点数を重ねる。張継科は後ろに下がり、ラリーを引こうとするが、そこを吉村が台の近くで積極的にカウンターで狙い打った。張継科は終始受け身の状態で、ミスこそ少なかったものの、決め手を欠いていた。

宇田幸矢(5月度世界ランキング151位・JOCエリートアカデミー/大原学園)が、アルナ(22位・ナイジェリア)にフルゲームで肉薄するも、最後はベテランのアルナが地力に勝り勝利した。アルナは2014年のワールドカップの準々決勝で好調の張継科とゲームカウント4-2で接戦を繰り広げたことで一躍有名となったアフリカ屈指のプレーヤーだ。

また松平健太(同14位・木下グループ)が世界選手権2018ハルムスタッド大会準々決勝で対戦した張禹珍(同40位・韓国)にまたも敗北した。

2018年香港オープン:主な日本選手の結果

男子シングルス決勝トーナメント

<1回戦>
吉村真晴 4-3 張継科(中国)
11-9/8-11/13-11/13-15/6-11/11-8/11-9

松平健太 0-4 張禹珍(韓国)
6-11/8-11/7-11/7-11

宇田幸矢 3-4 ARUNA Quadri(ナイジェリア)
11-9/5-11/8-11/11-6/8-11/11-9/3-11

吉村和弘 4-1 大島祐哉
11-4/11-7/12-10/9-11/16-14

上田仁 4-3 𠮷田雅己
12-10/7-11/8-11/8-11/11-9/11-5/13-11

男子ダブルス決勝トーナメント

<1回戦>
森薗政崇/大島祐哉 3-2 ALAMIAN Nima/ALAMIYAN Noshad(イラン)
11-4/6-11/8-11/11-9/11-9

上田仁/吉村真晴 3-0 KOU Lei(ウクライナ)/NUYTINCK Cedric(ベルギー)
11-7/11-6/11-4

文:ラリーズ編集部
写真:つのだよしお/アフロ

関連リンク

「バカじゃないと強くなれない」 メダリスト吉村真晴、壮絶な幼少期
卓球エリートから一転… 吉村真晴「空白の3年間」
吉村真晴、飛躍。切り札「アップダウンサーブ」の裏側
吉村真晴が目指す「心技体」の進化とは
【俺の卓球ギア#6】吉村真晴(名古屋ダイハツ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする