12歳小塩遥菜またも快勝 劉詩ブンが決勝トーナメントから登場【ITTFチャレンジ・タイオープン結果】 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2018.05.18

12歳小塩遥菜またも快勝 劉詩ブンが決勝トーナメントから登場【ITTFチャレンジ・タイオープン結果】

*写真は世界卓球2018ハルムスタッドの劉詩ブン(中国)
<2018年5月16日〜5月20日 ITTFチャレンジ・タイオープン (バンコク)>

2018年タイオープン 大会2日目までの結果

5月16日から5月20日にかけてITTFチャレンジ・タイオープンがバンコクで行われている。本大会には総勢17名の日本人選手がエントリーした。

大会2日目、日本勢は、男子予選リーグ、女子予選リーグ、男子ダブルス予選トーナメント、女子U21シングルス予選リーグに出場した。

田添響、郡山、田中3名とも予選通過。決勝トーナメントへ。

田添響5月度世界ランキング406位・専修大学)が韓国のJUNG Namjuにストレートで勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。

いよいよ18日の決勝トーナメントから森薗や、田添健汰、及川、宇田などが登場する。

中でも張本智和(同10位・JOCエリートアカデミー)の2つ上の先輩でライバルである宇田幸矢(同151位JOCエリートアカデミー/大原学園)には注目だ。2017年の東京選手権で並み居る強豪を破り優勝したのは記憶に新しい。

東京五輪期待の星から目が離せない。

小塩またもシニア快勝。U21も本戦に駒進める

この日も日本女子は小塩遥菜5月度世界ランキング456位・JOCエリートアカデミー)が女子一般とU21の予選リーグに登場。

U21の初戦で韓国の選手に対してフルゲームとなり、競ったものの、その後の試合では相手を寄せ付けず、決勝トーナメントに駒を進めた。

決勝トーナメントの注目は第1シードの劉詩ブン(同10位)だ。世界選手権で伊藤美誠(同5位・スターツSC)が崩した中国の牙城。日本女子期待のホープたちがどこまで食い下がることができるか。

2018年タイオープン:主な日本選手の結果

男子シングルス予選リーグ

田添響 4-0 JUNG Namju(韓国)
16-14/11-5/11-2/11-6

女子シングルス予選リーグ

小塩遥菜 4-0 YU Minji(韓国)
11-2/11-1/11-2/11-7

女子U21予選リーグ

小塩遥菜 3-2 KIM Jimin(韓国)
11-9/9-11/15-13/9-11/13-11

小塩遥菜 3-0 林珀璇(チャイニーズタイペイ)
11-8/11-5/15-13

男子ダブルス予選トーナメント

・2回戦
郡山北斗/及川瑞基 3-1 関文皓/李漢銘(中国香港)
7-11/11-6/11-9/13-11

文:ラリーズ編集部
写真:新華社/アフロ

コメント
0
男子ランキング
2019.06.16
世界
日本
1
樊振東(中国)
14405 pt
2
林高遠 (中国)
14400 pt
3
許キン(中国)
14160 pt
1
張本智和(日本)
13740 pt
2
丹羽孝希(日本)
11475 pt
3
水谷隼(日本)
11370 pt
女子ランキング
2019.06.16
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16215 pt
2
劉詩文 (中国)
15150 pt
3
丁寧 (中国)
14905 pt
1
石川佳純(日本)
13923 pt
2
伊藤美誠(日本)
13520 pt
3
平野美宇(日本)
11760 pt
SNS
FOLLOW US