【速報】石川佳純vs張本智和で開幕 日本代表男女対決<オールスタードリームマッチ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:石川佳純と張本智和/撮影:ラリーズ編集部

Tリーグ 【速報】石川佳純vs張本智和で開幕 日本代表男女対決<オールスタードリームマッチ>

2020.09.14 文:ラリーズ編集部

<卓球 2020 JAPAN オールスタードリームマッチ 9月14日>

14日、「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」が開幕し、第2部の日本代表男子vs日本代表女子の試合が行われた。

第2部は、日本代表選手が男女別のチームに別れ、夢の男女対決を行う。1失点で選手が交代となる特殊ルールで4ゲームを実施し、ゲームカウント2-2で並んだ場合は1本勝負で勝敗を決める。さらに、サーブ権は常に女子選手がもつことになっており、1ゲーム目は女子チームに4点のハンデが与えられる。

出場選手は男子が宇田幸矢琉球アスティーダ/明治大学)、丹羽孝希岡山リベッツ/スヴェンソン)、張本智和木下マイスター東京/木下グループ)、森薗政崇(岡山リベッツ/BOBSON)の4名。女子が石川佳純(全農)、早田ひな日本生命レッドエルフ/日本生命)、長﨑美柚木下アビエル神奈川/JOCエリートアカデミー)の3名となっている。

丹羽の活躍も女子チームが先制

ポイント4-0からスタートしたこの第1ゲームは、女子チームのサーブに男子チームが苦しみ、4点差がなかなか縮まらない展開が続く。早田のサーブが張本を苦しめるシーンが印象的であったが、レシーブを得意とする丹羽が一気に5ポイント連取するなど男子チームの精神的支柱の役割を果たす。

丹羽の活躍で9-9と追いついたが、石川が10点目をあげ、女子チームがゲームポイント。森薗が石川のゲームポイントを阻み1本勝負の10-10になったが、最後は早田が渾身のループドライブで森薗のミスを誘い、女子チームが1ゲームを先制した。

このゲームを受け、次のゲームはサーブ権は交代制になることとなった。

ここまでの試合スコア

日本代表男子 0-1 日本代表女子
10-11

各選手の試合前の意気込みはこちら

>>半年ぶりの試合に水谷隼「仕上がっている」 ドリームマッチに自信

>>石川佳純「選手もファンも楽しめたら」 女子6選手がドリームマッチへ意気込み

>>早田ひな「ドライブがどこまで通用するか楽しみ」ドリームマッチで男女対決

男子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt