英田理志、前期MVP戸上に勝利 坂本監督「英田の成長がチームの成長、Tリーグができた意味」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:英田理志(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

Tリーグ 英田理志、前期MVP戸上に勝利 坂本監督「英田の成長がチームの成長、Tリーグができた意味」

2021.02.14 文:ラリーズ編集部

<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン 2月14日(日)深谷ビッグタートル>

卓球Tリーグ男子は14日、T.T彩たま(以下、彩たま)がホーム最終戦となる試合で、首位の琉球アスティーダ(以下、琉球)に今季初勝利をあげた。

若手ペアが今季8勝目


写真:篠塚大登(写真左)・曽根翔(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

試合は1番の篠塚大登/曽根翔ペアが、前回敗れた琉球ペアをストレートで下し、チームに勢いをつける。これで篠塚/曽根ペアは8勝3敗となった。

坂本竜介監督は「残り2戦、結果によっては曽根・篠塚がベストペア賞を獲れるかもしれない。こう言うとオーダーがバレるかもしれないんですけど(笑)、ぜひ2人には獲ってもらいたい」と高校生ペアに期待を寄せた。


写真:神巧也(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

2番では彩たまの主将・神巧也が2020年全日本チャンピオンの宇田幸矢(琉球アスティーダ)に勝利し、4番では英田理志が前期MVPの戸上隼輔(琉球アスティーダ)を完封した。

今季ここまで0勝6敗だった琉球に対し、ホーム最終戦で彩たまは、意地の1勝をもぎ取った。

坂本竜介監督(T.T彩たま)、試合後のコメント


写真:坂本竜介監督(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

試合前、選手にどのような声をかけたか

今季はコロナ禍で、2020年内は有観客試合も行えず、4試合しかホームでは見ていただけなかった。

今日が最後ということで、選手達には「来季のことはわからないので、このメンバーで戦えるホーム戦は最後になる。来てくださった人たちに喜んでもらえる試合をしよう。感動を与えられるような試合をしよう。そうすれば自ずと結果はついてくる」、そう話をして臨みました。

曽根・篠塚ダブルスについて

曽根と篠塚がチームに来たときは全然弱かった。でも一緒にずっと練習して、ここ3試合でやっと成長してきたところが見えてきた。今日も1球多く返せるようになっていた。そこが勝因。

神巧也について


写真:神巧也(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

神は昨シーズン、最多勝をとったが、今季は苦しんでいた。ピッチフォードらがいない中、神が勝たないとチームが勝てないという大きなプレッシャーがかかった戦いをしていた。今回一番良い試合をしてくれて、自分の中では嬉しかった。

英田理志について

英田は最初補強ではなかった。めちゃめちゃ弱かった。でも強くなりました。英田の成長がチームの成長であり、Tリーグができた意味をもたらしたと思っている。

チームとしては上手く行ってないが、個々のレベルは上がっている。残り2戦、チーム全員で戦って行きたい。

篠塚大登(T.T彩たま)、試合後のコメント


写真:篠塚大登(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

試合を振り返って

今シーズンはチームがなかなか勝つことができなかった。

ホーム最終戦で諦めずに試合をして、勝てたことがとても嬉しいですし、チームも勝てたので良かった。1番で自分たちがしっかり勝てて波を作れたかなと思います。

ダブルスの勝因

思い切ってプレーするだけだった。上手く行かないプレーもあったが、1本多く入れようと思って勝てたのがよかった。

曽根とのペアリング

Tリーグに何試合も出させてもらって、1試合ごとにいろんなことを相手からも学んだり、経験ができていたりするので、最初に比べてとても成長できたと感じている。

ベストペア賞に向けて

ベストペア賞を取りたい気持ちもあるが、まずは自分たちが勝ってチームに貢献したい。

曽根翔(T.T彩たま)、試合後のコメント


写真:曽根翔(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

試合を振り返って

ホーム戦最終戦で有観客も最後で、その中で勝ちたいという気持ちが高くなっていて、1番のダブルスは絶対落とせないと気合を入れて、二人で勝つことができて良かった。チームも勝てたので良かった。

1番のダブルスで良いプレーをして、神さん、松平さん、英田さんも諦めず、全員で取った勝利だと思う。

ダブルスの勝因

前回自分たちは(吉村・木造ペアと)試合をして負けていた。サーブやレシーブは研究して、話し合ってやっていたので、苦にならずに試合ができた。

篠塚とのペアリング

信じ合えてどちらかがミスしてもカバーしあえている。(Tリーグ3季目が)始まった時よりは成長できている。

ベストペア賞へ向けて

自分たちは勝ちが続いていて、ダブルス個人勝利数も1位を持っている。でも、そこまで賞を獲りたいと思いすぎずに戦えれば。

T.T彩たま 3-1 琉球アスティーダ


写真:ホーム最終戦でT.T彩たまメンバー/提供:©T.LEAGUE

〇曽根翔/篠塚大登 2-0 吉村和弘/木造勇人
11-10/11-6

〇神巧也 3-0 宇田幸矢
11-7/11-6/11-4

松平健太 1-3 〇吉村真晴
8-11/11-8/10-11/10-11

〇英田理志 3-0 戸上隼輔
11-10/11-7/11-8

T.T彩たま・坂本竜介監督インタビュー


写真:坂本竜介監督(T.T彩たま)/撮影:保田敬介

>>坂本竜介に聞く「現代卓球のトレンド」 5年後伸びる日本選手とは

>>ブンデス経験者・坂本竜介が語る ドイツ卓球、選手寿命が長いワケ

>>坂本竜介に聞く 外国選手を「日本で育てる」方法 

>>「ビジネスでも成功する」 坂本監督が語るジンタク急成長のワケ

『データでみるTリーグ

データから読み解く、卓球「Tリーグ」の魅力。日本卓球界に新たに誕生したTリーグ。「いまさら聞けない」Tリーグの基礎知識から、観客動員数、外国人選手の貢献度まで、どこよりもわかりやすく解説します。
>>電子書籍 データでみるTリーグはこちら

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt