【Tリーグ】木下、連勝で倉嶋監督就任に花添える 及川が9勝0敗、大島が8勝2敗と好調維持 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:倉嶋洋介監督からアドバイスを受ける及川瑞基(木下マイスター東京)/提供:T.LEAGUE/アフロスポーツ

大会報道 【Tリーグ】木下、連勝で倉嶋監督就任に花添える 及川が9勝0敗、大島が8勝2敗と好調維持

2021.10.11 文:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2021-2022シーズン>

卓球ノジマTリーグ2021-2022シーズンでは9日、10日で男子・木下マイスター東京のホーム試合が2試合行われた。木下は2試合ともを3-1で勝利し、新たに就任した倉嶋洋介監督に連勝をプレゼント。今季開幕から7連勝で勝ち点22と首位を独走している。

層の厚い木下マイスター東京

木下は、水谷隼がほとんど試合には出ず、張本智和、海外選手とは契約していない状況のため、松島輝空、大島祐哉吉田雅己及川瑞基、田添健汰の5選手で主に戦っている。

中でも2021年の全日本選手権シングルス王者の及川がビクトリーマッチ含むシングルス9勝0敗、2017年世界卓球ダブルス銀メダルの大島がシングルス5勝1敗、ダブルス3勝1敗と好調をキープしている。脇を固める2021年全日本3位の吉田もシングルス3勝3敗と安定感を見せ、14歳の松島もダブルス4勝1敗とチームの勢いに引っ張られるように勝ち星を重ねる。

昨季までは水谷、張本を中心とした“スター軍団”の印象のあった木下だが、今季は玄人好みの“仕事人集団”がリーグ制覇に向け突き進んでいる。

10月9日 木下マイスター東京 3-1 岡山リベッツ

松島輝空/大島祐哉 1-2 田添響/森薗政崇〇
9-11/11-6/13-15

〇吉田雅己 3-0 龍崎東寅
11-9/11-8/11-7

〇及川瑞基 3-0 谷垣佑真
11-6/11-9/11-5

〇大島祐哉 3-2 森薗政崇
11-10/10-11/9-11/11-8/13-11

10月10日 木下マイスター東京 3-1 琉球アスティーダ

〇松島輝空/大島祐哉 2-1 平野友樹/宮川昌大
9-11/11-10/17-15

〇及川瑞基 3-0 有延大夢
11-9/11-5/11-9

吉田雅己 2-3 吉村真晴〇
10-11/10-11/11-9/11-7/9-11

〇大島祐哉 3-0 平野友樹
11-7/11-9/11-6

男子順位(10月10日時点)

1位 木下マイスター東京(7勝0敗 勝ち点22)
2位 T.T彩たま(2勝2敗 勝ち点8)
3位 岡山リベッツ(1勝5敗 勝ち点3)
4位 琉球アスティーダ(0勝3敗 勝ち点2)

及川瑞基インタビュー(2021年2月公開)


写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:田口沙織

>>「張本に勝ってすごいね」全日本王者・及川瑞基の心に火をつけたもの

>>「優勝直後も厳しかった」全日本王者・及川瑞基を支えた“中国の名将”と“欧州のプロ意識”

劇場卓球観戦記

>>【劇場卓球観戦記】T.T彩たまが目指す新たな卓球興行の可能性を考える

【日本初】劇場開催の卓球Tリーグの試合を観に行ってみた

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt