Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.10.28

【卓球・Tリーグ】水谷シングルス初勝利 早くも独走体制か <10/27 KM東京 vs 琉球 試合結果>


<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 10月27日(土)武田テバオーシャンアリーナ>

27日、武田テバオーシャンアリーナで開催されたTリーグ・木下マイスター東京-琉球アスティーダ戦は4-0で東京が勝利し勝ち点4を手にした。

前半は1番ダブルスを水谷・田添(健)の急造ペアと2番張本がそれぞれ危なげなく勝利し、木下ペースで後半戦に突入した。

3番:水谷隼3-2荘智淵

3番は日本と台湾の卓球界を長きに渡って牽引してきた両者の対戦となり、予想通りのシーソーゲームとなった。「強化中」だというバックハンドが良く決まり2ゲーム連続のデュースを制した水谷は3ゲーム目も9-6とリード。「このまま行けると思った」と流れを掴んでいた水谷だったが、荘も意地を見せる。37歳となった今でも衰えない強靭なフットワークで動ききり、2ゲームを取り返す。Tリーグ特別ルールにより6-6から始まった最終5ゲーム目は荘の攻撃コースを読んだ水谷がブロックで荘を振り回し11-9で薄氷の勝利。嬉しいTリーグシングルス初勝利を挙げた。

4番:松平健太3-0丹羽孝希

日本が誇るテクニシャン同士の対戦カードが実現した。勝ち点3が確定したKM東京の松平健太が丹羽を圧倒した。松平の攻勢に丹羽が台から下がる場面が多かった。

4球団唯一の開幕2連勝で早くも独走体制に入る木下マイスター東京の快進撃はどこまで続くのか。

次戦、木下マイスター東京は岡山リベッツと、琉球アスティーダはT.T彩たまと28日に対戦する。

試合後の会見で張本はマークしている選手について岡山リベッツ主将の上田仁の名前を挙げた。両者の対戦はあるのか、注目したい。

この試合のダイジェスト動画

Tリーグ2018/19 木下マイスター東京4-0琉球アスティーダ

◯水谷 隼/田添 健汰2-0荘智淵/陳建安
11-8/11-6

◯張本 智和3-0有延大夢
11-9/11-7/11-9
◯水谷隼3-2荘智淵
12-10/13-11/9-11/3-11/11-9
◯松平健太3-0丹羽孝希
11-7/11-6/11-7

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」