Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.10.26

【卓球・Tリーグ】石川佳純の率いるKA神奈川がリードでハーフタイム突入<10/26・KA神奈川vsニッペM>


*写真は石川佳純(木下アビエル神奈川・左)と木原美悠(木下アビエル神奈川・右)

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 10月26日(金)アリーナ立川立飛>

26日、Tリーグ女子の試合が東京のアリーナ立川立飛で行われた。木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)と日本ペイントマレッツ(以下、ニッペM)にとってのTリーグ初戦となる。KA神奈川は石川佳純や中国選手の袁雪嬌が引っ張る強豪チームであるが、その対戦相手となったのはロンドン銅メダリスト馮天薇加藤美優が率いるニッペM。互いに譲れない戦いが始まった。

両チームとも企業名を冠に持つチームとあって、試合前に応援練習が繰り広げられるなど、社員の一致団結した応援合戦にも注目が集まった。さらに選手入場前には、お互いのチームのマスコットキャラであるKA神奈川「えるる」と、ニッペM「マレットちゃん」がコート上で手拍子を求め、会場を温める様子も見られた。

10/26女子Tリーグ KA神奈川 vs ニッペM 前半戦

選手入場が終わると、早速各チーム応援団による応援合戦の様子に。応援合戦の声の大きさではニッペMが勝っているように聞こえたが、果たして試合の方はどうなるか注目が集まった。

1番:石川佳純/木原美悠(KA神奈川) 2-1 田代早紀/松平志穂(ニッペM)

団体戦の流れを作る大切な1番ダブルスに起用されたのは、KA神奈川・石川佳純/木原美悠ペア、ニッペM・田代早紀/松平志穂ペアだった。2ゲーム先取の1番ダブルスは第1ゲームを取ることで有利に試合を進めることができる。この大事な1ゲーム目は、石川の放つボールが次々と得点になる他、力強い木原のエースボールも決まり、KA神奈川ペアがニッペMペアを圧倒した。第2ゲームは混戦模様になり、10-10のデュースまでスコアが進む。ここからも一進一退の攻防が続き、スコアは14-14に。ここから2本連続で強烈なボールを放った田代/松平ペアが16-14と1ゲーム奪い返した。Tリーグとしては初めてダブルスで最終ゲームまでもつれ込むことになった。Tリーグ独自ルールにより最終ゲームは6-6から行われるため、短期決戦への対応力が求められる。両ペアともに一歩も譲らず9-9まで得点板は進んだが、石川/木原ペアが2連続ポイントで逃げ切り、KA神奈川が貴重な先制点をあげた。

2番:袁雪嬌(KA神奈川) 3-0 馮天薇(ニッペM)

2番のシングルスの大役をKA神奈川が中国選手の袁に、ニッペMがロンドン銅の馮にそれぞれ任せるオーダーになった。両者の戦いは見ごたえのある長いラリー展開になることが多く、会場も盛り上がりを見せた。1ゲームを先取し勢いに乗った袁(KA神奈川)が、第2ゲームも10-0とリードを広げ、実力者の馮(ニッペM)を圧倒した。このままでは終われないニッペMベンチも馮に秘策を与え、デュースに持ち込んだが一歩届かず、ストレートで敗れた。実力未知数の袁だったが、今後は石川とならぶツインエース体制といっても過言ではないだろう。

2-0のKA神奈川リードで折り返すことになったKA神奈川・ニッペMの戦い。果たして、白熱した勝負の行方は。

10/26女子Tリーグ KA神奈川 2-0 ニッペM

◯石川佳純/木原美悠(KA神奈川) 2-1 田代早紀/松平志穂(ニッペM)
11-6/14-16/11-9

◯袁雪嬌(KA神奈川) 3-0 馮天薇(ニッペM)
11-9/11-2/17-15

女子開幕戦の全試合ダイジェスト動画はこちらから

女子開幕戦の結果はこちらから





文・写真:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」