【初心者必見】ブチギレの下回転を出す為の練習方法|卓球基本技術レッスン | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.08.10

【初心者必見】ブチギレの下回転を出す為の練習方法|卓球基本技術レッスン

卓球ライター若槻軸足がお届けする「頭で勝つ!卓球戦術」

このシリーズでは初心者向けに卓球の基本的な技術についての説明や、そのやり方、対処法などについてお話していく。実際のプレイヤーはもちろん、テレビなどで観戦される方にとっても、頻繁に出てくる用語が登場するので、知っているとより卓球の面白さが分かるだろう。ぜひ参考にしていただきたい。

(特に記述がない限り、右利きのシェークハンドの選手を想定している)

さて、今回取り上げるのは、ブチギレの下回転サーブを出す為の練習方法である。まず卓球を始めたばかりの初心者の方は、下回転のサーブを出せるようになることをオススメしているが、今回はより回転のかかった、ブチギレの下回転を出す為の方法について考えてみよう。

強い下回転のサーブを出せるというのは、そのサーブ単体として見ても相手のレシーブを限定出来るし、それ以外のサーブもより効果的になる。

つまり、ひとつブチギレの下回転サーブを持っていることで、「他のサーブもブチギレなのではないか」という錯覚を与えることが出来、試合を優位にすすめていけるのだ。

>>卓球の横回転サーブの打ち方 順横回転と逆横回転の比較も|卓球基本技術レッスン

1.感覚のつかみ方

まず、ブチギレの下回転を出す為の感覚をつかむことから始めよう。まずいつものフォアサーブを出す位置で卓球台の前に立つ。右手にラケットを持って、左手にボールを持つ。

そして、ラケットはあまり動かさずに、ボールをラケットに叩きつけるのだ。卓球台にバウンドして、こちらに戻ってくるくらい強い回転をかけられるようにしてみよう。

このとき、回転がしっかりかける為には、ボールをラバーに「食い込ませる」ことが必要となってくる。この、「食い込ませる」感覚が、初心者の方にはなかなか難しい。

ラバーに「当たった」だけでは、「コン」という高い音が鳴るが、しっかりと「喰い込んだ」ときは、「シュッ」とか「キュン」といった音になる。ドライブでもカットでも、強い回転をかけるためには、ラバーに「当てる」だけではダメで、「食い込ませる」技術が必要不可欠になってくる。

その感覚を掴むために手っ取り早いのが、ラケットに叩きつける方法なのだ。まずはしっかりと食い込ませる感覚を馴染ませることから始めよう。

>>【初心者必見】順横回転サーブの活用方法|基本技術レッスン

2.ラケットの使い方

では、実際にサーブを出す要領で回転をかけてみよう。まず先程のボールをラバーに「食い込ませる」感覚を掴んでいれば、回転をかけること自体は出来るはず。ではより強い回転をかけるために、意識するポイントを何点かお伝えする。

なおこの時点では、「なるべく低い軌道で、強い下回転をかける」ことだけに集中して欲しい。ボールがネットを超えなくてかまわないし、むしろまずはネットを超えないで、自陣内で回転をかけることだけを目指してやってみよう。

まず卓球台に対して横向きに、姿勢を低くして構えて、ラケットを人指し指と親指で挟むようにして持つ。そしてトスを上げてラケットをスイングし、手首を使って回転をかける。

このとき、ボールに当たる瞬間に、親指にグッと力を入れることを心がけよう。親指に力が入っていないと、ラケット面が安定せずにブレてしまうので、強い下回転をかけることが出来なくなる。

そして、回転をかけるときは手首を柔らかく使って、前腕の振りも使って撓らせるようにしてみよう。チキータでもバックドライブでも、強い回転をかける際は手首を柔らかく使うことが必須になる。

日頃から手首のストレッチや、トレーニングなどを心がけておけば、こういった場面でライバルをリードすることが出来る。

そして、手首を使って打球をしたら、素早くその手首を台と反対側に素早く引くようにしてみよう。強い回転をかけようと思うと、どうしてもボールを打球方向へ飛ばしてしまうが、そこを短くコントロールするために、あえて「引く」という動作を加えるのだ。

前腕を使い、手首を撓らせるようにして打球し、その瞬間に素早く引く。ちょうど子供のときにやった、紐を使ったコマ回しをするときの動作に似ている。

引く動作があることで、ボールにより強い回転をかけられるし、短くコントロールすることが出来るのだ。

>>【初心者必見】バックサーブの出し方とコツ|基本技術レッスン

3.コースの出し分け方

ここまでで感覚のつかみ方とラケットの使い方を学んだら、いよいよサーブとして出すやり方だ。これまではネットを超えない範囲内で回転をかけるやり方を学んだ。ではどうやってネットを超えさせるかというと、体重移動だ。ボールに自身の体重を乗せることで力を伝えて、前方へ飛ばしていくのだ。

ボールをトスすると同時に、右足に体重を乗せる。そして打球する瞬間に、左足へ重心を移す。このときはサーブを出したいコースの方向へ体重を乗せることを意識しよう。

フォア前へ出すときは、フォアの方向へ体重をかける。バック前に出したいときは、バック方向に体重をかける。これでオーケーだ。

ただ、体重移動を使わずとも、ラケットの角度やスイングでコースを出し分けることももちろん出来る。竸った場面など緊張する局面では、手元が狂いやすく、サーブが甘く入ってしまうことが多いのだ。手先で色々なことをしようとすると、どうしても難易度が上がる。

ブチギレの強い回転をかけようとしたサーブであれば、なおのことである。なので、それを防いで安定したサーブにするため、身体全体を使って出すことを心がけてみよう。低い姿勢で構えて、体重移動を使ってコースを出し分ける。手だけを使って工夫をしようとすると、必ず無理がたたってしまうのだ。


>>【初心者必見】ツッツキのやり方とコツ|卓球基本技術レッスン 

まとめ

今回は下回転サーブを、ブチギレで出す為の練習方法についてお伝えした。もちろん今回紹介したやり方が絶対の正解なんてこともない。

高くトスを投げ上げて、落下速度を力に変えてブチギレにする方法もあるし、ラバーに食い込ませずにラバーの上で転がす方法もある。今回の記事を参考にしながら、各自で工夫して練習してみて欲しい。

また、サーブにおいて最も大事なのは、低さ・長さである。どれだけブチギレでも、山なりのサーブでは撃ち抜かれるし、台から中途半端に出たら先手を取られてしまう。

それらのコントロールが出来ることを前提にした上で、強い回転をかける方法を練習しよう。
また以前の記事も基本的な事項として参考になるはずなので、ぜひ合わせて読んで頂きたい。
>>勝てるナックルサーブの出し方を徹底解説 下回転との出し分けが大切|卓球基本技術レッスン

若槻軸足が書いた記事はこちらから

「若槻軸足」の記事一覧へ

コメント
0