小塩遥菜の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2018.08.07

小塩遥菜の使用用具・大会成績・プロフィール

写真:小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)/撮影:ラリーズ編集部

2019年5月の国際大会で格上の選手に勝ち、今注目されている中学生である小塩遥菜を紹介します。プロフィール、プレースタイル、使用用具などの基本的な情報から、世界ランキングを上げる要因にもなっている国際大会での戦績についても触れます。

まだ13歳(2019年7月時点)とこれからが楽しみである小塩遥菜。その実力は計り知れません。そんな小塩遥菜のプロフィールを見ていきましょう。

小塩遥菜とは?

2019年5月に行われたITTFチャレンジクロアチアオープンで、同年4月の世界選手権女子ダブルスで活躍した世界ランキング16位(2019年7月時点)の佐藤瞳(ミキハウス)を中学生ながら破るなどの快進撃を見せた中学生プレイヤーです。

他にも数々の大会で好成績を残している小塩遥菜のプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

小塩遥菜の生年月日は2005年8月3日、年齢は13歳(2019年7月時点)。出身地は岐阜県です。

小塩は小学6年生ながら、2017年の全日本選手権カデットの部13歳以下女子シングルス準優勝、東アジアホープス大会では女子団体と女子シングルスの両方で優勝し、見事2冠を達成しました。

その後、小塩はより卓球の技術を上げるため、将来オリンピックをはじめとする国際大会で活躍できる有望な中高生を育成するJOCエリートアカデミーに入校しました。2018年の全日本選手権カデット13歳以下女子シングルスでは優勝し、ITTFジュニアサーキットでは複数大会でベスト4以上になるなど好成績を残しています。

プレースタイル

小塩遥菜の戦型はカット主戦型で、相手選手の強打を粘り強くカットし続け、試合を制します。

しかし、JOCエリートアカデミーに入学したことをきっかけに、世界でパワーがある選手に勝つためには攻撃力が必要だと考え、モデルチェンジに挑戦しています。

使用用具

小塩遥菜のラケットはVICTASの木材5枚合板「松下浩二」、ラバーは表面が「ヴェガアジア」、裏面が「カールP-1Rソフト」が使用されているようです。

世界ランキング

小塩遥菜の世界ランキングは2018年3月時点では535位でしたが、そこから徐々にランキングを上げ、2019年6月には自己最高位である181位にまで上がっています。現在(2019年7月時点)は199位になっています。

また、2019年7月時点でU21世界ランキングは44位、U18世界ランキングは25位、U15世界ランキングは16位と好成績を残しています。

国内大会での主な戦績

2016年
 全日本選手権 ホープスの部女子シングルスベスト8
2017年
 全日本選手権 カデットの部13歳以下女子シングルス準優勝
2018年
 全日本選手権 カデットの部13歳以下女子シングルス優勝
 全国中学校卓球大会 女子シングルス準優勝

国際大会での主な戦績

2017年
 ITTFジュニアサーキット香港オープン カデット女子シングルス優勝
2018年
 ITTFジュニアサーキットスウェーデンオープン ジュニア女子シングルスベスト4
 ITTFジュニアサーキット中国オープン ジュニア女子シングルスベスト4
 ITTFジュニアサーキット香港オープン ジュニア女子シングルスベスト4
                   カデット女子シングルスベスト4
 ITTFジュニアサーキットハンガリーオープン カデット女子シングルス準優勝
 

まとめ

国内外のジュニアの部では好成績を残し、一般の部でも近いうちに上位になることが期待される小塩遥菜。そんな彼女の活躍に注目です。

小塩遥菜に関する記事の一覧はコチラから

小塩遥菜に関する記事一覧

コメント
0