小塩遥菜の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)/撮影:ラリーズ編集部

卓球選手紹介 小塩遥菜の使用用具・大会成績・プロフィール

2022.12.10

文:ラリーズ編集部

2019年の世界ジュニア選手権で銀メダル獲得などの活躍を見せており、今注目されている高校生である小塩遥菜を紹介します。プロフィール、プレースタイル、使用用具などの基本的な情報から、世界ランキングを上げる要因にもなっている国際大会での戦績についても触れます。

>>【Tリーグ】日本ペイント、全日本ベスト8の14歳・小塩遥菜と契約更新

>>東京五輪は1年延期も…卓球選手は1年間で劇的に伸びる

>>坂本竜介に聞く「現代卓球のトレンド」 5年後伸びる日本選手とは

小塩遥菜とは?

2019年5月に行われたITTFチャレンジクロアチアオープンで、同年4月の世界選手権女子ダブルスで活躍した世界ランキング16位(2019年7月時点)の佐藤瞳(ミキハウス)を中学生ながら破るなどの快進撃を見せた選手です。同年の世界ジュニア選手権では銀メダルを獲得する活躍を見せました。

現在はTリーグでTOP名古屋に所属しています。

他にも数々の大会で好成績を残している小塩遥菜のプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

小塩遥菜(おじおはるな)は2005年8月3日生まれで、年齢は17歳(2022年12月時点)です。出身地は岐阜県です。

小塩は小学6年生の2017年に全日本選手権カデットの部13歳以下女子シングルス準優勝し、頭角を現しました。また、同年の東アジアホープス大会では女子団体と女子シングルスの両方で優勝し、見事2冠を達成しました。


写真:小塩遥菜/撮影:ラリーズ編集部

その後、小塩はより卓球の技術を上げるため、将来オリンピックをはじめとする国際大会で活躍できる有望な中高生を育成するJOCエリートアカデミーに入校しました。2018年の全日本選手権カデット13歳以下女子シングルスでは優勝し、ITTFジュニアサーキットでは複数大会でベスト4以上になるなど好成績を残しています。

2019年には全国中学校卓球大会で優勝、世界ジュニア選手権で準優勝など、様々な大会で好成績を残し、大躍進の一年となりました。

また、2019年には日本ペイントマレッツからTリーグに参戦し、初年度の2019-20シーズンはシングルス2勝9敗と翌2020-2021シーズンも0勝8敗と勝ち星に恵まれませんでしたが、3シーズン目となる2021-2022シーズンには4勝2敗と勝ち越しに成功。プレーオフファイナルにも出場するなど、チームの主力に成長しました。

そして、自身4シーズン目はTOP名古屋へ移籍し、現在(2022年12月現在)でシングルス2勝0敗を記録しています。

シニア世代でも徐々に力をつけてきた小塩は、2022年は国際舞台でも飛躍を遂げます。5月に開催されたWTTフィーダーフリーモントで女子シングルス準優勝に輝くと、続くWTTフィーダーウェストチェスターでは悲願のWTT大会初優勝。以降も、WTTフィーダーブダペスト8、WTTフィーダーオトーチェッツ準優勝、WTTコンテンダーノバゴリツァベスト4と、安定した成績を残し、世界ランキングも大幅にアップさせました。

プレースタイル

小塩遥菜の戦型は右シェークバック粒のカット主戦型で、相手選手の強打を粘り強くカットし続け、試合を制します。

しかし、JOCエリートアカデミーに入学したことをきっかけに、世界でパワーがある選手に勝つためには攻撃力が必要だと考え、モデルチェンジに挑戦しています。

使用用具

小塩遥菜のラケットはVICTASの「松下浩二」、ラバーはフォア面にVICTASの「V>15 Extra」、バック面にVICTASの「CURL P1V」を使用しているようです。

>>V>15 Extra(エキストラ)で決定打が続出!? 威力重視ラバーの特徴とは|卓球用具紹介
>>【粒高・カールシリーズ】変化のP1-R、攻撃的なP-2、あなたにピッタリなカールはどれ?|卓球用具紹介

世界ランキング

小塩遥菜の世界ランキングは2018年3月時点では535位でしたが、そこから徐々にランキングを上げ、2020年3月には86位にまで上昇。そして、2022年には自己最高位となる48位を記録した。現在は51位(2022年12月時点)に位置している。

また、2022年11月時点で世界ユースランキングは23位を記録しています。

国内大会での主な戦績

2016年 全日本選手権(ホープスの部) 女子シングルス:ベスト8
2017年 全日本選手権(カデットの部) 13歳以下女子シングルス:準優勝
2018年 全日本選手権(カデットの部) 13歳以下女子シングルス:優勝
全中 女子シングルス:準優勝
2019年 全日本選手権 ジュニア女子シングルス:ベスト32
2020年 全日本選手権 ジュニア女子シングルス:準優勝、女子シングルス:ベスト8
2021年 全日本選手権 ジュニア女子シングルス:ベスト16、女子シングルス:ベスト64
2020年 全日本選手権 ジュニア女子シングルス:ベスト32、女子シングルス:ベスト128

国際大会での主な戦績

2017年 ITTFジュニアサーキット香港オープン カデット女子シングルス:優勝
2018年 ITTFジュニアサーキットスウェーデンオープン ジュニア女子シングルス:ベスト4
ITTFジュニアサーキット中国オープン ジュニア女子シングルス:ベスト4
ITTFジュニアサーキット香港オープン ジュニア女子シングルス:ベスト4、カデット女子シングルス:ベスト4
ITTFジュニアサーキットハンガリーオープン カデット女子シングルス:準優勝
2019年 ITTFジュニアサーキット香港オープン ジュニア女子シングルス:優勝
世界ジュニア選手権 女子シングルス:準優勝
2021年 世界ユース選手権 U19女子シングルス:ベスト4、U19女子ダブルス:ベスト4、U19女子団体:ベスト4
2022年 WTTフィーダーフリーモント 女子シングルス:準優勝
WTTフィーダーウェストチェスター 女子シングルス:優勝
WTTフィーダーオトーチェッツ 女子シングルス:準優勝
WTTコンテンダーノヴァゴリツァ 女子シングルス:ベスト4

 

まとめ

国内外のジュニアの部では好成績を残し、一般の部でも近いうちに上位になることが期待される小塩遥菜。今後の成長が楽しみな選手です。そんな彼女の活躍に注目です。

小塩遥菜が活躍した試合の動画

小塩遥菜に関する記事の一覧はコチラから

小塩遥菜に関する記事一覧

男子ランキング
2023.01.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
7700 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.01.04
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6715 pt
3
王曼昱(中国)
5250 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt