何鈞傑(フージェンジェ)の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:何鈞傑/提供:ittfworld

卓球選手紹介 何鈞傑(フージェンジェ)の使用用具・大会成績・プロフィール

2020.05.01 文:ラリーズ編集部

今回は、中国香港の若手実力派で、ダブルスで非凡な才能を開花させてきた何鈞傑(フージェンジェ・中国香港)を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れていきます。

>>卓球の練習時間外の活用法7選 打てない時でも強くなれる【頭で勝つ!卓球戦術】

>>香港のエース・黄鎮廷、世界最高のペンホルダーへの軌跡

>>卓球五輪代表、最年長・最年少記録は?50代で出場の大ベテランも

何鈞傑とは?

何鈞傑は、2014年のフィリピンオープン男子シングルスで優勝すると翌年の2015年から一気に飛躍した選手です。2017年からは男子ダブルスで優勝を重ねるなど、マルチな才能を評価されている選手です。香港男子代表としての他、ポーランドスーパーリーグにも参戦していたことがあり、実力を磨いてきました。

プロフィール

何鈞傑は、1997年4月20日生まれの23歳(2020年5月時点)です。香港出身で、現在は香港代表として国際大会で活躍してます。かつては、ポーランドスーパーリーグにビアリストックの一員として参戦していた経歴があります。

国際大会では主に団体戦で各国のトップ選手に勝利することが多いです。李尚洙(イサンス)やパナギオティス・ギオニス(ギリシャ)らに勝利した実績もあります。また、黄鎮廷(ウォンチュンティン・中国香港)と組んだダブルスでは上位進出することも多く、ティモ・ボル/パトリック・フランチスカ(ともにドイツ)ペアや、2017年の世界選手権準優勝の森薗政崇(BOBSON)/大島祐哉(木下グループ)ペアなど世界でも勝ち上がるペアに勝利するほど、トップクラスの実力を誇っています。

プレースタイル

何鈞傑の戦型は左シェーク裏裏の攻撃型で、どこからでも放たれるフォアハンドドライブと前陣での堅いバックハンドが特徴です。プレーの中でもフォアハンドを使用する頻度は高いです。

プレースタイルは水谷隼(木下グループ)と似ていて、シェークハンドの選手の中でもフォアを主戦とする戦型ですが、何鈞傑と水谷で違っているのはレシーブ時のバックハンドの使用率です。相手のサーブに対して、水谷はフォアサイドにはフォアハンド、バックサイドにはバックハンドで対応することが多いのに対し、何鈞傑はフォアサイドに来たサーブにも回り込んでバックハンドでフリックやチキータを積極的に使用します。


写真:何鈞傑/提供:ittfworld

何鈞傑のもう一つの武器は、俊敏なフットワークです。そのため得意なフォアハンドをフォアサイド、バックサイドの両方から打つことができます。後陣でもそのフットワークを活かしたロビングで確実に返球します。

何鈞傑や水谷のように左利きでフォアハンドが強い選手はダブルスにおいても強さが際立ちます。ダブルスはシングルスと違い次に自分が打つまでにある程度の余裕が生まれるので、十分な体勢で打つことが可能になります。そのため、どのコースに来ても得意のフォアハンドで待つことができるので威力あるドライブを放つ回数が多くなります。

使用用具

何鈞傑はラケット、ラバーともにBUTTERFLYの製品を使用していて、ラケットは「ビスカリア」、ラバーは両面に「テナジー05ハード」を使用しているそうです。

世界ランキング

何鈞傑の世界ランキングは102位(2020年4月時点)です。2016年からは2桁ランクで安定していましたが、2019年からはポイント制の大会への出場が少なかったためやや下降傾向です。最高ランクは2016年6月の28位です。また、U21とジュニアの最高ランクはともに2位と、以前から世界で活躍する選手です。

国際大会での主な成績

2014年 フィリピンオープン 男子シングルス優勝
スウェーデンオープン U21男子シングルスベスト4
2015年 ハンガリーオープン U21男子シングルス優勝
カタールオープン U21男子シングルス準優勝
オーストラリアオープン 男子シングルス準優勝
2016年 カタールオープン U21男子シングルス優勝
クウェートオープン U21男子シングルス準優勝
中国オープン U21男子シングルス優勝
2017年 ポーランドオープン 男子ダブルス優勝(呉柏男と)
スウェーデンオープン 男子ダブルス準優勝(黄鎮廷と)
グランドファイナル 男子ダブルス準優勝(黄鎮廷と)
2018年 香港オープン 男子ダブルス優勝(黄鎮廷と)
韓国オープン 男子ダブルス準優勝(黄鎮廷と)
グランドファイナル 男子ダブルス準優勝(黄鎮廷と)
2019年 カタールオープン 男子ダブルス優勝(黄鎮廷と)

まとめ

エースとともに中国香港を引っ張る若手が、国際大会でどのような活躍を見せるのか。今後の彼の活躍に期待です。
>>何鈞傑の関連記事はこちら

男子ランキング
2020.09.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.22
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt