佐藤瞳の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:オマーンオープンの佐藤瞳/提供:ittfworld

卓球選手紹介 佐藤瞳の使用用具・大会成績・プロフィール

2021.09.01 文:ラリーズ編集部

今回は、2020年のオマーンオープンで世界最長の試合を記録し、日本最強のカットマンとも言われているの佐藤瞳(ミキハウス)を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れていきます。

2019年には世界選手権のダブルスで銅メダルを獲得するなど、多くの大会で好成績を残している佐藤瞳のプロフィールを見ていきましょう。

>>佐藤瞳、橋本帆乃香の世界3位カットマンペア、新チーム九州アスティーダからTリーグ参戦

>>同じく九州アスティーダ・橋本帆乃香の使用用具・大会成績・プロフィール

>>卓球観戦のススメ 会場で観る3つの魅力

佐藤瞳とは?

佐藤瞳は、主に橋本帆乃香(ミキハウス)と組んだダブルスで数々の国際大会で入賞しています。また、シングルスでも2019年のグランドファイナルではリオ五輪女王・丁寧(ディンニン・中国)に勝利するなどの活躍を見せており、今最も勢いのある選手の1人です。その技術の高さから「日本最強のカットマン」と言われています。

2021年には、卓球Tリーグ女子の新球団・九州アスティーダからTリーグにも出場することが決まっています。

他にも数々の大会で好成績を残している佐藤瞳のプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

佐藤瞳は、1997年12月23日生まれの23歳(2021年9月時点)です。北海道出身で、小学校2年生の時に卓球を始めました。現在はミキハウスに所属して、日々自分の技術に磨きをかけています。国際大会では、同じくミキハウスに所属する橋本と組む機会が多いですが、その他にも芝田沙季(ミキハウス)と組んだ時にも結果を残しています。


写真:佐藤瞳/提供:ittfworld

世界選手権にも何度も出場し、2019年にはダブルスで銅メダルを獲得しました。

近年ではシングルスでも活躍しており、2019年のタイオープンで優勝などの実績を残しています。また、2020年のオマーンオープンのシングルス決勝の加藤美優(日本ペイントホールディングス)との試合では、世界最長試合記録を更新する長期戦に勝利し、優勝を飾りました。


写真:佐藤瞳/提供:ittfworld

2021-2022シーズン(4thシーズン)からはTリーグにも参戦することが発表されました。ダブルスのパートナーでもある橋本帆乃香とともに新球団の九州アスティーダから参戦します。

プレースタイル

佐藤瞳の戦型は右シェーク裏表のカット型で、後陣での幅の広い守備と隙を突く攻撃が特徴です。

また、カットやツッツキの技術が高いため、「エンドレスリターン」と言われるほどラリーが続く選手です。その異名の如く、2020年のオマーンオープン女子シングルス決勝では加藤美優(日本ペイントホールディングス)相手に、1時間38分という長時間の試合を制したことがあり、卓球史上最も長い試合の記録を打ち立てました


写真:佐藤瞳/提供:ittfworld

カットマンにも大きく2種類の戦い方があります。1つは隙あれば攻撃を行う攻撃型で、朱世赫(チュセヒョク・韓国)が代表例と言えます。もう1つは、自分が余裕をもって攻撃できるまで粘る守備型で、佐藤や橋本がこれにあたります。

攻撃型には攻撃に転じるためにカットが必要であるのに対し、守備型はカットそのもので相手のレシーブミスを誘うのが基本的な戦い方となるため、守備型にはカットの質が求められます。尚、カットの攻撃型には普通の攻撃型の選手と対等以上に打ち合える攻撃力が求められます。

佐藤はカットの質を高めるため、1日に何時間もカットの練習をし続けています。その成果がオマーンオープンで発揮されたと言えます。

使用用具

佐藤瞳はNittakuの契約選手であり、ラケットが「剛力男子」、ラバーはフォア面に裏ソフトで粘着性の「キョウヒョウ」シリーズ、バック面に変化型の表ソフト「ドナックル」を使用しています。この「ドナックル」は表ソフトでありながら、粒高ラバーのような形状になっているため、カットの際に変化がつけやすいラバーと言えます。

世界ランキング

佐藤瞳の世界ランキングは19位(2021年9月時点)です。シニアの世界ランキング登録時から既に3桁上位のランクであり、その後も順調に上昇を続け、近年は50位以内をキープし続けています。最高ランクは2017年4月の9位です。

国内大会での主な成績

2018年 全日本選手権 女子ダブルス3位(橋本帆乃香ペア)
2019年 全日本選手権 女子ダブルス3位(橋本帆乃香ペア)

国際大会での主な成績

2017年 アジア選手権 女子団体準優勝、女子ダブルス3位
スロベニアオープン 女子シングルス優勝、女子ダブルス3位
クロアチアオープン 女子ダブルス優勝
ベルギーオープン 女子ダブルス優勝
2018年 スペインオープン 女子シングルス準優勝、女子ダブルス優勝
クロアチアオープン 女子シングルス3位、女子ダブルス優勝
香港オープン U21女子シングルス3位
オーストラリアオープン 女子ダブルス準優勝
2019年 タイオープン 女子シングルス優勝、女子ダブルス3位
世界選手権 女子ダブルス3位
アジア選手権 女子団体準優勝、女子ダブルス3位
ノースアメリカンオープン 女子シングルス3位、女子ダブルス優勝
2020年 オマーンオープン 女子シングルス優勝、女子ダブルス優勝

まとめ

エンドレスリターンで観客を沸かす日本最強のカットマンが国際大会で獲得なるか。今後の彼女のプレーに目が離せません。

>>佐藤瞳の関連記事はこちら

男子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt