キョウヒョウNEO3の魅力を徹底解説 世界のトップ選手が多く愛用する卓球ラバー | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.07.01

キョウヒョウNEO3の魅力を徹底解説 世界のトップ選手が多く愛用する卓球ラバー

「キョウヒョウシリーズ」は、卓球の世界最強国である中国で製造されている卓球用具です。卓球の一流選手たちや多くの中国人選手が、このシリーズのラケットやラバーを使用しています。そんなキョウヒョウシリーズの中でも特に人気の高いラバーが、キョウヒョウNEO3です。果たして、そんなキョウヒョウNEO3にはどのような特徴や性能があるのでしょうか。

キョウヒョウNEO3の最大の特徴

キョウヒョウNEO3は粘着性ラバーでありながら、従来の粘着性ラバーでは打てなかった速いボールを打てる中国製の裏ソフトラバーです。

主に、台上技術や威力のある速いドライブ、スマッシュを放つことに適しています。世界トップ選手たちがさまざまな大会の決勝の舞台で使用していたラバーであり、「世界を制したラバー」とも呼ばれています。なお、打球時には粘着性ラバー特有の、ボールが貼り付くような音がします。
日本ではニッタクによって取り扱われています。

キョウヒョウNEO3の性能・打ち心地

キョウヒョウNEO3の特徴として、フリックやチキータといった台上技術、カウンタードライブを放ちやすいという点があげられます。特に、下回転のかかったボールに対するフリックがやりやすいラバーです。また、スイングを速くすればするほど、放たれたボールは大きな弧線を描きます。

このラバーでドライブを打つとしっかりとした重みがボールにかかるため、相手にとって打ち返すのが難しいドライブになります。他にも、スピードに特化した粘着ラバーということもあり、非常に素早いスマッシュを放つことができます。

注意点としては、粘着性のラバーではない普通のラバーを使用するときと同じ力加減でフォア打ちをすると、放たれたボールは相手コートに届かずにネットにかかってしまうという点があげられます。そのため、普通のラバーを使用したときよりも少し強めにボールに当てるのがポイントです。

また、このラバーを使用してドライブを打つ際には、ボールをシートに擦るようにして打つ必要があるため、その感覚を身につけるために練習を積むことが大切です。

キョウヒョウNEO3を使用している選手


中国の絶対王者、馬龍(写真:新華社/アフロ)

キョウヒョウNEO3は、多くの世界最高峰の選手たちが使用しています。例えば、2018年8月現在の男子最新世界ランキングで9位の現世界王者・中国の馬龍や、同じく女子最新世界ランキングで7位の現世界女王・中国の丁寧もこのラバーを使用しています。

また、かつての世界ランキング1位であり大満貫達成者の元中国卓球選手である李暁霞も、現役時代にこのラバーを使用していました。

キョウヒョウNEO3にピッタリのラケット

キョウヒョウNEO3によって放たれたボールの弾みは、普通の粘着ラバーで放たれたボールよりもよく弾みます。ただし、テンションラバーによって放たれたボールの弾みと比べると、キョウヒョウNEO3による弾みは少し物足りなく感じる方も少なくありません。そこで、ボールをよく弾ませる性能を持つラケットと組み合わせることで、その短所を補うことができます。

アウター系やインナー系のラケットは、このラバーを使用している中国選手たちによく使用されています。これらのラケットはどれも放たれたボールを弾ませる特徴があるため、このラバーと組み合わせるラケットとしては適しているといえます。

>>相性抜群のアコースティックカーボンインナーの特徴

キョウヒョウNEO3の費用相対効果

キョウヒョウNEO3は2017年9月現在、ニッタクにて4,800円(税別)で販売されています。ラバーの特徴として、一般的なテンション系ラバーより寿命が長い傾向があります。

スピーディな返球とカウンターで相手を翻弄

キョウヒョウNEO3は、馬龍や丁寧といった世界最強選手たちも使用している粘着性ラバーです。このラバーを使用してドライブを打つときに、打球時のスイングスピードを素早くすればするほど、キョウヒョウシリーズ独特の大きな弧線をボールに描かせることができます。

また、相手のドライブに対して放つカウンタードライブには、しっかりとした重みを打球にかけることができ、素早さも相まって相手の返球を難しくさせます。ただし、これらのボールを打つためにはこのラバーにしっかりと慣れる必要があります。

世界を制した一流選手たちも使用しているこのラバーをうまく使いこなして、試合の勝利を目指しましょう。

>>粘着ラバーなのに飛ぶ?ヤサカの翔龍は革命児!

コメント
0