サウェータブット・スターシニーの使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:2020年ハンガリーオープンのサウェータブット・スターシニー/提供:ittfworld

卓球選手紹介 サウェータブット・スターシニーの使用用具・大会成績・プロフィール

2020.05.01 文:ラリーズ編集部

今回は、タイの女子代表を引っ張る若手実力派のサウェータブット・スターシニー(タイ)を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れていきます。

>>卓球の練習時間外の活用法7選 打てない時でも強くなれる【頭で勝つ!卓球戦術】

>>【頭で勝つ!卓球戦術】卓球ノートの重要性と挫折せず継続させる方法

>>【最新版】卓球・世界ランキングの決め方は? 規定が2020年を目前に改定、そのポイントとは

サウェータブット・スターシニーとは?

サウェータブット・スターシニーは、2010年のユース五輪で女子シングルスベスト4と突如国際大会に現れ、2015年には東南アジア競技大会で優勝を果たすなど、飛躍的な成長を遂げている選手です。シングルスはもちろんのこと、パラナン・オラワン(タイ)と組んだ女子ダブルスでは国際大会でも上位入賞を何度も果たしている若手実力派です。タイ代表だけでなく、Tリーグ・日本ペイントマレッツに所属して2ndシーズンに参戦し、多くの勝利でチームに貢献していました。

プロフィール

サウェータブット・スターシニーは、1994年12月4日生まれの25歳(2020年5月時点)です。タイ出身で、Tリーグ・日本ペイントマレッツに所属していました。2019/2020シーズンはチーム内でも勝率が高い選手で、早田ひな(日本生命)や梁夏銀(ヤンハウン・韓国)、エリザベタ・サマラ(ルーマニア)など各国の実力者に勝利した実績があります。

タイ代表としても数々の国際大会に出場しています。蘇慧音(スーワイヤムミニー・中国香港)やブルーナ・タカハシ(ブラジル)など世界ランキングで上位に位置する選手にも勝利したことがあり、着実に世界で勝てる選手へと成長してきています。

プレースタイル

サウェータブット・スターシニーの戦型は右シェーク裏裏の攻撃型で、前陣でのパワフルな両ハンドを特徴としています。特にバックハンドのミート打ちの技術はとても高く、彼女の得点源にもなっています。また、しゃがみ込みサーブも彼女の持ち味です。

しゃがみ込みサービスを用いるトップ選手は珍しく、男子ではドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)や松平健太T.T彩たま)、女子では丁寧(ディンニン・中国)や加藤美優(日本ペイントホールディングス)が代表例と言えます。しゃがみ込みサービスは、強烈な回転を加えることができるのと同時に回転量の変化で惑わすことができるのが特徴です。ただし、サーブ時の身体の動きが激しくなるため3球目攻撃がやや遅くなる傾向があり、自分がミスをするリスクも高いです。

サウェータブット・スターシニーのもう一つの武器であるバックハンドのミート打ちは、前陣で戦うことの多い選手によく用いられる技術です。ミート打ち自体はブロックやドライブなどよりも回転の影響がやや受けづらいため、早い打点で仕掛けることができ、ドライブとの回転量の差を利用して相手のミスを誘うことができます。

使用用具

サウェータブット・スターシニーはBUTTERFLYの契約選手で、ラケットは「ティモボルZLC」、ラバーはフォア面に「テナジー05」、バック面に「テナジー80」を使用しています。BUTTERFLYの契約選手モデルラケット「ティモボル」シリーズは2008年の発売以来、卓球ファンに愛され続けているラケットです。

世界ランキング

サウェータブット・スターシニーの世界ランキングは41位(2020年4月時点)です。2015年からは2桁ランクで安定してきています。最高ランクは2019年4月の28位です。ジュニアの最高ランクは10位と幼少期から世界で戦う資質を持っていました。

国際大会での主な成績

2010年 ユース五輪 女子シングルス4位
2015年 東南アジア競技大会 女子シングルス優勝
チェコオープン U21女子シングルスベスト4
2017年 東南アジア競技大会 女子シングルスベスト4
クロアチアオープン 女子シングルスベスト4
タイオープン 女子ダブルスベスト4
2018年 タイオープン 女子ダブルス優勝
2019年 東南アジア競技大会 女子シングルス3位
インドネシアオープン 女子シングルス準優勝、女子ダブルス準優勝
2020年 ハンガリーオープン 女子ダブルスベスト4
ポルトガルオープン 女子ダブルス準優勝

まとめ

前中陣での積極的な攻撃を武器とするタイの主砲が国際大会でどのような戦いぶりを見せるのか。今後の彼女の活躍に目が離せません。
>>サウェータブット・スターシニーの関連記事はこちら

男子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt