神巧也の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:神巧也(T.T彩たま)/撮影:保田敬介

卓球選手紹介 神巧也の使用用具・大会成績・プロフィール

2020.06.01 文:ラリーズ編集部

今回は、Tリーグ・T.T彩たまに所属し、セカンドシーズンにはキャプテンとしてチームを牽引した神巧也について紹介します。プロフィール、プレースタイル、使用道具といった基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れます。

2019年にプロ転向を発表し、約1年の間に世界ランキングを269位も上げる活躍を見せた神巧也のプロフィールを見ていきましょう。

>>1年でWR269上昇 “世界で一番伸びた卓球選手”神巧也、飛躍の裏側

>>「ビジネスでも成功する」 坂本監督が語るジンタク急成長のワケ<卓球・T.T彩たま>

>>吠える男ジンタク Tリーグ参戦!「僕はエリートじゃない」

神巧也とは?

神巧也は、パワフルなドライブとあふれんばかりのガッツが持ち味の選手で、全日本卓球選手権の男子シングルスで準優勝を果たすなどの実績を持っています。国際大会でも2019年のスロベニアオープンのシングルスでベスト4に入るなどの好成績を残しており、国内外で活躍しています。

現在はT.T彩たまの一員としてTリーグに参戦しており、セカンドシーズンにはキャプテンとしてチームを牽引し、シングルスで20マッチ出場13勝をあげ、リーグトップの成績を叩き出しました。

プロフィール

神巧也は、1993年3月2日生まれの27歳(2020年6月時点)で、青森県出身です。

神巧也は小学校時代は青森山田の下部組織でプレーしていました。しかし、卓球のエリートコースだったというわけではなく、青森山田中学校の卓球部に入部できた理由は人数合わせがきっかけだったと言う。そのため、最初は部内で最弱だったと語っており、このような環境でプライドに縛られず堂々と我が道を歩む強さを身につけました。中学、高校を通じて負けず嫌いな神は着実に成長していきました。

大学は明治大学に入学します。大学時代は全日本学生選手権でシングルス、ダブルスの2種目で優勝し、大学4年生のときの全日本選手権では男子シングルス準優勝という輝かしい成績を残しています。


写真:神巧也T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

社会人になってからはシチズン時計の一員として活躍します。前期、後期日本リーグでの個人成績はシングルス33勝16敗、ダブルス17勝10敗とチームに大きく貢献しました。神巧也がシチズン時計に所属した4年間、シチズン時計は4年連続でJTTLファイナル4に進出し、平成30年度後期日本卓球リーグ酒田大会では、なんと23年ぶりの優勝を果たしています。

プロ転向を表明した2019年からはTリーグに参戦しており、T.T彩たまに所属しています。キャプテンとしてチームを率いたセカンドシーズンの通算成績は、シングルス13勝7敗、ダブルス4勝2敗と素晴らしい成績を残しています。サードシーズンもT.T彩たまから出場することが決まっており、自身に祭男(まつお)というキャッチフレーズをつけ、チームを盛り上げたいという意気込みを見せています。

神巧也Twitter

プレースタイル

神巧也の戦型は、右シェーク裏裏のドライブ型で、変化のあるサーブとパワフルな両ハンドドライブを得点源としています。ガッツ溢れるプレーが魅力的で、勢いに乗ったときは非常に強い選手です。

使用道具

神巧也の使用用具は、ラケットがヤサカの「馬林エキストラスペシャル」で、ラバーはフォア面にヤサカの「ラクザX」、バック面にヤサカの「翔龍」を使用しているようです。

世界ランキング

神巧也の世界ランキングは、2019年3月には314位でした。しかし、2019年にはスロベニアオープンでベスト4に入るなどの活躍を見せ、2019年12月には自己最高となる44位と一年弱の間に急激にランキングを上げました。現在の世界ランキングは45位(2020年4月時点)となっています。

国内大会主な戦績

2011年 全日本学生選手権 ダブルス優勝(平野友樹ペア)、シングルス優勝
全日本学生選抜 シングルス優勝
2013年 全日本卓球選手権 シングルス準優勝
2015年 日本リーグ・日学連対抗 卓球ドリームマッチ 準優勝
全日本社会人選手権 シングルス3位
2016年 ジャパントップ12 シングルス3位
2017年 ビッグトーナメント茨城大会 シングルス準優勝

国際大会主な戦績

2010年 ジャパンオープン U21シングルス準優勝
2013年 ジャパンオープン U21シングルス3位
2015年 ベラルーシオープン シングルス3位
USオープン 混合ダブルス優勝
2016年 オーストラリアオープン ダブルス優勝
2019年 スロベニアオープン シングルスベスト4

まとめ

2019年にはTリーグでシングルスで20マッチ出場13勝をあげ、リーグトップの成績を叩き出し、世界ランキングも大きく上げ、大躍進を見せた神巧也。彼のガッツ溢れるプレーは今後も日本の卓球界を大いに盛り上げてくれるでしょう。成長し続ける神巧也の今後の活躍に注目です。

神巧也に関する記事の一覧はコチラから

神巧也に関する記事一覧

神巧也が活躍した試合の動画

男子ランキング
2020.10.23
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt