【卓球ラバー】エボリューションMX-Pの魅力をレビュー 重さや寿命を紹介 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.06.05

【卓球ラバー】エボリューションMX-Pの魅力をレビュー 重さや寿命を紹介

写真:ティバー社の「エボリューション MX-P」

ティバー社のラバー「エボリューション MX-P」は、グリップ力に優れたトップシートと硬めのテンションスポンジを組み合わせたドイツ製テンションラバーです。現在、ティバー社が販売しているエボリューションシリーズは7種類あり、その中でも今回紹介するエボリューションMX-Pは、ヨーロッパを中心に多くのプレーヤーに使用されている人気のラバーです。

果たして、どのような特徴や性能があり、どのような選手に適しているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

>>ラザンターR47はプラスチックボールで圧倒的な力を発揮 勝利を導く卓球ラバーに迫る

エボリューション MX-Pとは?

ティバー社のエボリューションMX-Pは、「エボリューション」シリーズの一つで、2013年に発売されたテンション系裏ソフトラバーです。発売当時のエボリューションシリーズには、ハードスポンジを用いた「MX-P」と「MX-S」、中硬度のスポンジを用いた「EL-P」と「EL-S」、ソフトスポンジを用いた「FX-P」と「FX-S」の6種類のラインナップが取り揃えられていました。

その後、「MX-P」のトップシートに、よりハードなスポンジを組み合わせた「MX-P 50°」と呼ばれる上級者向けのラバーが登場し、現在はエボリューションシリーズは全部で7種類となっています。

今回紹介するエボリューション MX-Pのスポンジの厚みは、2.1mm、1.9mm、1.7mmの3つとなっています。かつてベラルーシのサムソノフも使用していたラバーでもある「エボリューション MX-P」。現在でも、チャイニーズタイペイの陳建安やルーマニアのスッチなど、多くのトッププレイヤーに使用されています。

>>ブラディミル・サムソノフは20年以上トッププレイヤーとして活躍 リオ4位入賞の大ベテラン

特徴

発売から6年近く経つ今もなお、根強い人気を誇っているエボリューション MX-Pですが、どのような特徴があるのか、具体的に見ていきましょう。

●球持ちの長さ

エボリューションMX-Pの最大の特徴は、球持ちの良さにあります。気泡の大きいレッドスポンジを搭載することで、打球時のボールとの接触時間が長くなるよう設計されたようです。

球持ちが長いため、自ら力を加えて打つドライブ攻撃が安定して打ちやすいという声が多いです。崩れた体勢からもしっかり弧線を描いてドライブをしたいと考えている人には適しているといえるでしょう。

●豊富な回転量

球持ちの良さに加え、グリップ力に優れたトップシートにより、ボールに強い回転を生み出すことができるのも特徴です。特にサービスやレシーブ、ループドライブなどの回転が重要とされる技術において、エボリューション MX-Pの良さが引き出されやすいでしょう。

ただし、粘着特有の癖のあるボールではなく、素直に回転のかかったボールになりやすいため、ナチュラルに変化するボールを求める人ではなく、豊富な回転量を重視する人の方が適しているかもしれません。

●全ての技術のやりやすさ

近年のテンションラバーは、回転・スピードともに性能の高いものが増えてきています。しかし、その中には勝手に飛んでいってしまうラバーも多く、ブロックや台上技術が安定しにくいというデメリットがあります。

エボリューション MX-Pは、テンションラバーの中では弾みが少し抑えめになっており、上級者だけでなく中級者にも扱いやすいラバーといえるでしょう。

>>【卓球】「英雄」サムソノフ、「美女」スッチが渋谷に 150人と熱戦ラリー

エボリューション MX-Pに向いているプレーヤー

エボリューション MX-Pは、どのようなプレーヤーに向いているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

●ボールを持つ感覚を大切にしたいプレーヤー
エボリューション MX-Pは、しっかりとボールを掴んで強く回転をかけて打ち返すのがやりやすくなっています。反発力が強すぎてボールが飛んでいってしまうのが嫌で、グリップ力や打球感を大切にしたいと考えているプレーヤーには、最適なラバーといえるかもしれません。

●ラリー戦でも安定して連続ドライブを打ちたいプレーヤー
エボリューション MX-Pは、ボールの弧線が高くなりやすいという傾向があります。そのため中後陣に下げられても安定してドライブが打ちやすく、ラリー戦に持ち込んで自分の展開にしたいと考えているプレーヤーにはフィットするラバーでしょう。

>>テナジー05がベストセラーの理由 抜群の安定感がある最強ラバーの魅力を解説

寿命と重さ

エボリューション MX-Pの寿命は、トップシートの耐久性が優れているので、テンションラバーの中ではコストパフォーマンスがいいとのレビューが見受けられました。

しかし、重さは厚さ2.1mmでカット後50gを超えるものが多く、他のスピン系テンションラバーよりは重くなっています。片面に使用する場合は、もう片面は軟らかめのラバーを使用してラケット全体の重量を調整するのがいいかもしれません。

まとめ

エボリューション MX-Pは、グリップ力・球持ちに優れたスピン系テンションラバーです。ループドライブを多用する中級者から、あらゆる技術を駆使して試合を組み立てる上級者まで、多くの層が満足できるラバーといえるでしょう。

>>卓球ラバー比較30種類 メーカー別おすすめ一覧【最新版】

文:ラリーズ編集部

コメント
0