テナジー64の性能レビュー 幅広い年代のニーズを満たすハイスペックな卓球ラバー | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
テナジー64の性能レビュー 幅広い年代のニーズを満たすハイスペックな卓球ラバー

卓球用具紹介 テナジー64の性能レビュー 幅広い年代のニーズを満たすハイスペックな卓球ラバー

2019.08.17 文:ラリーズ編集部

「テナジーシリーズ」は、株式会社タマスによる卓球ブランド「バタフライ」のラバーシリーズのひとつで、その性能の高さで発売から10年以上経った今でも、驚異的なセールスを続けているメガヒット商品です。

今回は、そんなテナジーシリーズの中でも、「シリーズ最速」の異名を持ち、トップ選手にも愛用者が多い「テナジー64」について紹介します。

>>テナジー05がベストセラーの理由 抜群の安定感がある最強ラバーの魅力を解説

テナジー64とは?

テナジー64は、2009年4月1日に発売されたハイテンション裏ソフトラバーです。スポンジ硬度は36度でスポンジの厚さは「トクアツ」「アツ」「中」の3種類があります。色は、赤と黒の2色が発売されています。2009年の全日本選手権で水谷隼選手(木下グループ)がテナジー64を使って優勝したことで、発売前から非常に注目を集めていたラバーでもあります。

テナジーシリーズの中でもコントロール性能スピードに優れているテナジー64。その秘密は、ラバーに採用されている、「スピード性能が高い」と評価された“開発コードNo.64”のツブ形状です。このツブ形状により、インパクト時にボールを包みこみ、高速の打球を放つことが可能になります。

>>テナジー05ハードの評価は!?重さや寿命、向いているプレーヤーを解説<卓球ラバー紹介>

テナジー64の特徴

先ほども述べたとおり、テナジー64の最大の特徴はスピードとコントロール性能の高さです。テナジーシリーズの中では、比較的柔らかめということもあり、ボールがラバーにしっかり食い込みやすい構造になっています。そのため、テンポの早いラリー戦で特に力を発揮します。

しかし、ここで一つ疑問が出てきます。試合で勝つためには、上記の「スピード」と「コントロール」というのは重要な要素です。しかし、「球威」や「回転量」というのも、同じくらい重要な要素であることは言うまでもありません。一般的に柔らかめのラバーには、コントロール性能が上がる代わりに球威が出にくい、という特徴があります。

では、このテナジー64も球威が出にくいラバーなのでしょうか?驚くことに、テナジー64は球威も回転量も高いレベルで備えています。その秘密は、テナジーシリーズ共通の「スプリングスポンジ」とバタフライ独自の技術である「ハイテンション技術」にあります。

「スプリングスポンジ」は、大きな気泡を内包したスポンジで、バネ(スプリング)のように縮んでボールをはじき出すことで、回転やスピードを自由に調整することを可能にします。そして、「ハイテンション技術」とは、ラバーの表面とスポンジに使われているゴムの分子に「テンション」を加える技術のことで、これにより、エネルギーロスを抑え、スピード性能や回転性能、コントロール性能が大きく向上します。つまり、この二つを備えたテナジー64に、「球威不足」という概念は存在しない、ということです。

>>テナジー80は水谷隼も愛用したラバー!? 特徴は回転とスピードのバランスにあり

テナジー64が向いているプレーヤー

パワーはないが球威を上げたいプレーヤー

ラバーは、硬めのものほど高い球威を出せるのですがそれと同時に、しっかりとしたインパクトが必要になっていきます。要するに、パワーがなければ硬いラバーは扱うのが難しいということです。その点、このテナジー64は、「コントロール性能の高さ」と「高い球威」を高次元で両立するラバーなので、「自分のパワーに自信はないけど、強い球を出したい」という選手にピッタリです。

前~中陣で連打をするプレーヤー

スピードとコントロール性能に優れているので、ピッチの速い連打で相手を崩していくプレーが可能です。また、上述のとおり、パワーがなくても強い球が出せます。そのため、中~上級の女子選手には特にオススメです。

コントロール重視の中~上級者

「用具に何を求めるか」と聞けば「球威」と答えるプレーヤーは多いです。硬めのラバーを選ぶのが一つの解決策ではありますが、先述のとおり、硬めのラバーはボールのコントロールが難しく、特に体勢を崩したときなどは、思い通りのポイントに打球するのも容易ではありません。

しかし、テナジー64は球威もあってコントロール性能も高いため、多少体勢が崩れたりスイングが乱れたとしても、しっかりと台に収まり、尚且つ威力のある打球ができます。中~上級者になっていくと、ドライブなどの決め球には、安定性に加えて球威も求められる場面が増えると思います。

その第一歩として、このテナジー64は期待以上の性能を発揮してくれるでしょう。とはいえ、テナジーと同レベルの硬いラバーと比較すると球威は劣っていると言わざるを得ません。あくまでも「柔らかいラバーにしては」威力がある、ということを念頭に置いてラバーをチョイスしてほしいです。

>>テナジーシリーズと同じスポンジを使用したディグニクス05のレビューはこちら

まとめ

テナジー64は、幅広い年代のニーズを満たすハイスペックなラバーです。女子選手にオススメと書きましたが、もちろん男子選手でも十分に性能の高さを実感できると思います。

発売当初から値上がりして、決して安くはないラバーになってしまいましたが、その値段に見合う性能をこのラバーは持ち合わせていると断言できます。また、「一度、テナジーを使ってみたい」というプレーヤーのための、「テナジーシリーズ入門編」としてもオススメできます。是非一度、試してみてはいかがでしょうか?

オススメラバーをこの機会にチェック!

>>テンションラバーおすすめ18種類 現代卓球のトレンドラバー

テナジー64購入はこちら

激安サイト「たくつう」で買う

男子ランキング
2020.12.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.06
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt