VICTASの卓球ラバー「V>01」シリーズを徹底比較 超攻撃的モンスターギア | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真はV>01シリーズ

卓球用具紹介 VICTASの卓球ラバー「V>01」シリーズを徹底比較 超攻撃的モンスターギア

2020.07.11 文:ラリーズ編集部

「V>01」シリーズは、松下浩二氏がヤマト卓球の社長に就任し立ち上げた「VICTAS」が販売するテンション系の裏ソフトラバーです。

V>01シリーズについて、各商品にどのような特長があり、どのような選手に適しているのかを詳しく見ていきましょう。

>>VICTASの卓球ラケットおすすめ6選 丹羽孝希使用モデルやゼクスギアシリーズも紹介

V>01シリーズとは?

V>01シリーズは”強烈なパワー(威力)とスピードを追求しながらバランスも重要視した超攻撃的モンスターギア”をコンセプトとした、やや直線的に飛び出していくのが特徴的なドイツ製の裏ソフトテンションラバーです。

「弧線が高いラバー」のメリットはボールが安定する・ドライブがかけやすい・回転量の多いドライブがかけやすいなどが挙げられます。
一方で「直線的なラバー」のメリットは威力のあるドライブがかけやすい・スマッシュやミート打ち、ブロックがやりすい・スピードがあるボールで返球しやすいなど、「弧線が高いラバー」とは違ったメリットがあります。

現在、2012年10月に発売された『V>01』、2013年4月発売の『V>01 Limber』、そして2013年10月発売の『V>01 Stiff』と計3つのシリーズが販売されています。

威力重視の『V>01』

V>01はパワーとバランスに重点を置いたラバーで打球の威力が抜群のラバーです。打球の軌道は弧線を描きながらもやや直線的に飛び出していきます。

シートの粒直径が細く、粒の間隔が広いためラバーにボールが衝突した際に硬質なスポンジ(ドイツ硬度47.5度)に食い込む力が加わり、スポンジから反発力が増し、威力ある打球を可能にします。

スピードと威力を駆使して強烈なドライブで戦う選手にオススメのラバーです。

激安サイト「たくつう」で買う

扱いやすい『V>01 Limber』


V>01 LimberはV>01のボールの威力を失わずに、柔らかめの打球感とコントロールを加味したラバーです。V>01と同じシートを採用し、打球威力はそのままでスポンジ硬度を柔らかくすることで(ドイツ硬度40度)、打球感とコントロールを加味した扱いやすさが特徴です。

しっかりとボールをつかんで弾き出すことで、より正確なボールコントロールが実現可能な設計となっています。

威力と扱いやすさを重視したい選手や攻守のバランスを重視したい選手にオススメのラバーです。

激安サイト「たくつう」で買う

打球感と弧線が特徴の『V>01 Stiff』

V>01 Stiffは、打球の軌道がV>01シリーズの中で最も弧線を描きやすく、安定したドライブを放つことができるラバーです。

粒直径が太く、粒と粒の間隔が狭いためボールがラバーに衝突した際にスポンジ(ドイツ硬度45度)に食い込む範囲が少なくなり、押し出す力が減少して表面のシートがボールに引っかかる割合が高くなる設計となっています。

しっかり手に伝わる打球感と安定した飛行曲線が特徴で、安定した連続ドライブで攻めていく攻撃選手にオススメのラバーです。

激安サイト「たくつう」で買う

まとめ

V>01シリーズは、様々なプレースタイルに合わせてシリーズ展開されています。

・直線的な弾道で一発で抜き去るドライブを求めるなら、『V>01』
・攻撃と守備の安定感を求めるなら、『V>01 Limber』
・高い弧線で安定した連続ドライブを求めるなら、『V>01 Stiff』

自分のプレーに合う、最適なラバーを探してみてはいかがでしょうか。

他のおすすめラバーはこちら!

>>バック向けラバー10選 メーカー別におすすめ紹介

男子ランキング
2020.12.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.04
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt