【卓球】オメガⅦチャイナシリーズを徹底分析! XIOMの"光"と"影"がもたらす対照的な新感覚ラバー | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 【卓球】オメガⅦチャイナシリーズを徹底分析! XIOMの“光”と“影”がもたらす対照的な新感覚ラバー

2022.09.08

卓球界の頂点に君臨している中国代表選手のほとんどが、フォア面または両面に粘着性ラバーを使用し、強烈なボールを打っています。スピードと回転の高バランスを兼ね備えた彼らの卓球をXIOMが着目し、実現できるラバーを開発しました。それが、「オメガⅦチャイナ」シリーズです。

今回は、「オメガⅦチャイナ」シリーズの2製品を徹底分析し、各ラバーの性能はどのようなものか、どのような選手に適しているのかを見ていきましょう。

激安サイト「たくつう」で買う

激安サイト「たくつう」で買う

「オメガⅦチャイナ」シリーズとは?

ドイツ製粘着のパイオニア『ヴェガチャイナ』の存在

XIOMはかねてから、卓球界のトップに長年君臨する中国選手が主に使用している、粘着性ラバーの開発に力を注いできました。まず初めにXIOMから2012年に登場したのが、ドイツ製粘着ラバー『ヴェガチャイナ』です。

コストパフォーマンスが高いことで人気の「ヴェガ」シリーズから異彩を放ったラバーとして卓球ファンの間で話題となりました。

粘着性とは一味違う高性能ラバーの誕生

その後もXIOMは研究と開発を続けてきました。そして誕生したのが、中国選手が使用するような強粘着性ラバーではなく、一風変わったラバー「オメガⅦチャイナ」シリーズでした。発売直後、「オメガⅦチャイナ」シリーズは、他のラバーと一線を画す硬度に注目が集まりました。

前身の『ヴェガチャイナ』とも全くの別物となった「オメガⅦチャイナ」シリーズの基本的な特徴について、詳しく分析していきましょう。

>>【卓球】オメガⅦ アジアの性能を徹底レビュー! プレーヤーが性能を引き出すXIOMの上級者向けラバー

「オメガⅦチャイナ」シリーズの重さ・厚さ・硬度

ラバーの厚さ

「オメガⅦチャイナ」シリーズの厚さは、『オメガⅦチャイナ 影(イン)』が2.1mmとMAXの2種類展開されているのに対し、『オメガⅦチャイナ 光(グアン)』は2.1mmのみの厚さとなっています。

『オメガⅦチャイナ 光(グアン)』は、シートの厚さを極限まで厚くしたことにより、2.1mmでも他のラバーのMAXに相当する厚さとなっています。また、2製品ともかなり硬いラバーのため、2.1mm以上の厚さしかありません。

重さ

「オメガⅦチャイナ」シリーズのラケットに貼る状態での重さは、『オメガⅦチャイナ 光(グアン)』で50g前後、『オメガⅦチャイナ 影(イン)』は厚さMAXで60g近くまであります。

スピン系テンションラバーでは50gまでの重さが多いことから、「オメガⅦチャイナ」シリーズは2製品ともかなり重い部類に入ります。

硬度

「オメガⅦチャイナ」シリーズ最大の特徴でもある硬度は、『オメガⅦチャイナ 光(グアン)』で55度、『オメガⅦチャイナ 影(イン)』は60度です。

粘着テンションラバー含めテンション系のラバーの中では最も硬い部類に入っています。

>>「オメガVIIツアーi」を徹底レビュー XIOMが誇るプロ用ラバーが遂に製品化

「オメガⅦチャイナ」シリーズの特徴

特徴①:新技術「MAX AT4」を搭載

「オメガⅦチャイナ」シリーズの特徴1つ目は、新技術「MAX AT4」を搭載です。

「オメガⅦチャイナ」シリーズに搭載されている新技術「MAX AT4」は、規定内で最大限のテンションをラバーにかける技術です。テンション系ラバーは基本として、各メーカーがテンションをかける技術を駆使してボールに弾みやスピードを与えるラバーを作り出しています。

「オメガⅦチャイナ」シリーズのようなかなり硬いラバーとなると、食い込みに力が必要な分相応のテンション技術が求められますが、XIOMは「ヴェガ」シリーズや「オメガⅦ」シリーズ等で培った技術があり、最大限のテンションをかけることに成功しています。

特徴②:XIOMのエンジン「カーボスポンジ」を超硬質に

「オメガⅦチャイナ」シリーズの特徴2つ目は、XIOMのエンジン「カーボスポンジ」を超硬質にです。

XIOMのラバーのほとんどに使用されている「カーボスポンジ」を、「オメガⅦチャイナ」シリーズ用に超硬質にしてあります。

硬い分スイングスピードやインパクトは相応のものが求められますが、しっかりと当てた時には他のラバーを超える性能を発揮することができます。

特徴③:異次元のグリップ力

「オメガⅦチャイナ」シリーズの特徴3つ目は、異次元のグリップ力です。

硬いラバーになればなるほど、打球が直線的になる傾向がありますが、「オメガⅦチャイナ」シリーズは例外です。微粘着でグリップ力もあるトップシートと「カーボスポンジ」のコンビで、相手コートに急降下する打球を放つことができます。

それでは、『オメガⅦチャイナ 光(グアン)』と『オメガⅦチャイナ 影(イン)』のそれぞれについて、どのような選手に適しているかを見ていきましょう。

『オメガⅦチャイナ 光(グアン)』に向いている選手

『オメガⅦチャイナ 光(グアン)』は55度という硬度でありながら、トップシートが厚いため食い込みやすくなっています。グリップ力も抜群で前陣の早い打点で攻撃してもボールが落ちずに相手コートまで飛んで行ってくれます。

使用者からは、シートがよく食い込むため台上技術がやりやすい、台から下がっても威力のあるボールを打てる、といった声が挙がっています。前陣を中心にレシーブから攻めて戦う選手には『オメガⅦチャイナ 光(グアン)』が適しています。

>>【卓球】ジキル&ハイド V47.5を徹底レビュー! 引っ掛かりを強めたXIOMの最新裏ソフトラバー

『オメガⅦチャイナ 影(イン)』に向いている選手

『オメガⅦチャイナ 影(イン)』は、60度のスポンジから放たれる強烈な回転が特徴です。前陣でのドライブが上に上がりながらも相手コートで一気に急降下する特異な弾道を描くため、相手の取りにくいボールを放つことができます。

使用者からは、サービスやループドライブの回転が強烈である、ボールが相手の手元で急に落ちるためブロックミスを誘いやすい、といった声があります。卓球において回転を重視する選手や、3球目攻撃までで完結させたい選手には『オメガⅦチャイナ 影(イン)』が適しています。

>>【卓球】ジキル&ハイド H52.5を徹底レビュー 中級層にも支持されるXIOMの攻撃ギア

まとめ

いかがでしたでしょうか。2製品とも硬さはありますが、XIOMの知恵を結集して中国卓球を再現可能にした「オメガⅦチャイナ」シリーズを一度手にして、貴方の憧れる中国選手に一歩近づいてみませんか。

購入はこちらから!

『オメガⅦチャイナ 光(グアン)』

激安サイト「たくつう」で買う

『オメガⅦチャイナ 影(イン)』

激安サイト「たくつう」で買う

他のおすすめラバーはこちら!

>>卓球・おすすめ裏ソフトラバー30選 メーカー別一覧【最新版】

男子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3045 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5575 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1575 pt