ドイツの英雄、ドミトリ・オフチャロフ選手とは?


文:ラリーズ編集部

オリンピックや世界選手権で活躍する数多くの卓球選手の中から、今回はドイツの選手である「ドミトリ・オフチャロフ」選手についてご紹介します。

英雄、ドミトリ・オフチャロフのプロフィール

Holiday is over, back to the office again!!.. 🔥⚡ #tischtennis #flexing 😉

Dima Ovtcharov – Table tennisさん(@dimaovtcharov)がシェアした投稿 –

ドミトリ・オフチャロフ選手は、ウクライナ・キエフ生まれの28歳(2017年8月時点)の卓球選手です。4歳のころに両親とともにウクライナからドイツへ移住し、卓球を始めます。2002年のヨーロッパユース選手権モスクワ大会では、男子シングルス準優勝という成績を残しています。その後の2005年ヨーロッパユース選手権ノヴィ・サド大会ではジュニア部門で優勝、2006年世界ジュニア選手権では3位と、メキメキと頭角を現していきました。

2008年の北京オリンピックでは、団体銀メダリストという戦績を残して有名選手としての地位を決定的にしています。このとき、ドミトリ・オフチャロフ選手は20歳の若手選手でした。ドミトリ・オフチャロフ選手はその若さにして、オリンピックでの団体銀メダル獲得に大きく貢献したのです。

2017年8月時点の最新世界ランキングでは、第4位に位置しています。こうした来歴から、ヨーロッパでは敵なしとの呼び声も高く、非常に優れた卓球選手だといえます。

ドミトリ・オフチャロフ選手の武器のひとつは、その恵まれた体格です。身長186センチ、体重79キロと非常に大柄で、この体格とパワーを生かしたプレイスタイルを得意としています。特に、両ハンドのパワードライブの威力は強力で、卓球の強豪国である中国の選手たちにも引けを取りません。大きな体格をかがめた姿勢から繰り出す、独特のバックサービスも特徴的です。手首を鞭のようにしならせ、球を打つ直前にラケットの角度を変えてトリッキーな回転を加えたりするテクニックも見せています。

加えて、ドミトリ・オフチャロフ選手は独特の「ツッツキ」スタイルにも定評があります。ツッツキとは、ボールの底を切るように突っついて返球するテクニックのことです。ドミトリ・オフチャロフ選手は柔らかいグリップを使用しており、強打するとき以外は強く握り過ぎないようにしています。これによってドミトリ・オフチャロフ選手はさまざまな角度からの打法を使いこなし、フォア前からのツッツキも得意としているのです。

ドミトリ・オフチャロフ選手の使用ラケットは「オフチャロフオリジナルセンゾーカーボン」、フォア面ラバーとバック面ラバーはともに「テナジー・05」です。オフチャロフオリジナルセンゾーカーボンは、卓球メーカー「ドニック」のラケットで、契約選手であるオフチャロフ選手に提供されています。従来のラケットを上回る強度と、ボールを楽に飛ばせる打球感が大きな特徴です。

このラケットは、「ボールがセルロイドからプラスチックに移り変わっても、今までの打球感を変えることなく、パワーとスピードを兼ね備えたプレイができるラケットを提供してほしい」というオフチャロフ選手の声を受けて開発されたといわれています。ちなみに、「オフチャロフオリジナルセンゾーカーボン」は一般にもリリースされています。

ドミトリ・オフチャロフ選手のグリップのスタイルは「シェークハンド」で、上述したように必要なとき以外は強く握り過ぎないスタイルをとっています。

ヨーロッパ最強を誇る、輝かしい戦績

今や「ヨーロッパでは敵なし」とまで称されるドミトリ・オフチャロフ選手は、2002年のヨーロッパユース選手権を皮切りに、次々と輝かしい戦歴を残しています。以下で、その戦績を具体的にご紹介します。

2004年のヨーロッパユース選手権、ブダペスト大会ジュニアの部では男子シングルスで優勝、続く2005年のオストラヴァ大会ジュニアの部でも男子シングルス優勝という戦績を残しています。さらに、2012年のロンドンオリンピックでは男子シングルス・団体ともに銅メダル、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは男子団体銅メダルと、オリンピックのメダリストとしての戦績も残しています。

さらに、2014年のITTFワールドツアーではシングルス準優勝という結果を残しています。続く2016年ITTFワールドツアーカタールオープン、ポーランドオープンではそれぞれシングルス3位、準優勝という結果を残しています。2017年に入ってからは、ITTFヨーロッパトップ16、ITTFワールドツアーインドオープン・中国オープンでは3度にわたっての優勝を果たしており、その勢いは止まるところを知りません。

北京やロンドン、リオデジャネイロなど直近のオリンピックでのメダリストという称号に加え、ヨーロッパトップやワールドツアーといった大会でも優勝を果たしているのはまさに破竹の勢いといえます。日本はもちろん、中国などの強豪国の選手たちも脅かす存在だといえるのです。

最強クラスの活躍に、今後も期待

その恵まれた体格と、パワフルで多彩なドライブが武器のドミトリ・オフチャロフ選手についてご紹介しました。オリンピックやワールドツアーなどの名だたる大会での入賞経験があり、名実ともに最強クラスの選手だといえます。今後の国際大会や各地の選手権でも、ドミトリ・オフチャロフ選手の活躍に注目したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう