全日本卓球2018 女子シングルス編


全日本女子シングルス決勝では。2000年生まれの「みうみま対決」が実現。
優勝した伊藤美誠は、女子ダブルス・混合ダブルスとの三冠を見事達成した。
東京五輪が期待される若き世代の全日本での活躍を振り返る。

【決勝】伊藤が「みうみま対決」を制し三冠

【準決勝】伊藤が石川破る 3冠まであと一つ

【準々決勝1】美宇が苦しみながら準決勝進出 今大会垣間見える2つの強さとは

【準々決勝2】カットキラーの美誠が石垣下し準決勝進出

【6回戦】石川が早田の挑戦を退けベスト8入り

【優勝予想】全日本卓球選手権の優勝は誰の手に?


【世界ランク】卓球世界ランキング(2018年1月更新) | 新ランキング制度開始で大幅変動あり オフチャロフと陳夢が初の1位に

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう