野田学園、王者・愛工大名電の待つ決勝へ<卓球・インターハイ2019 男子学校対抗> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:戸上隼輔(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 野田学園、王者・愛工大名電の待つ決勝へ<卓球・インターハイ2019 男子学校対抗>

2019.08.18 文:ラリーズ編集部

<インターハイ2019 2019年8月16日~8月20日>

18日、インターハイは3日目を迎えた。男子学校対抗準決勝に、野田学園(山口)と鶴岡東(山形)が対戦した。

野田学園は、昨年のインターハイ男子シングルス優勝のエース戸上を中心に、粘り強い戦いで準決勝まで勝ち抜いてきた。炎をイメージした「メラメラユニフォーム」で、悲願の初優勝を目指す。

対するは昨年準優勝の鶴岡東。準々決勝では明徳義塾(高知)を下し、今年もベスト4進出。2年連続決勝進出に向け、勢い十分だ。

>>インターハイ歴代優勝一覧 男子編

戸上2点取りで野田学園が勝利


写真:戸上・宮川ペア(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

1番シングルスで野田学園・松田が鶴岡東のサウスポー・佐藤のサーブに苦しみ、フルゲームで接戦を落とす。しかし、野田学園は2番シングルスでエース戸上が、インハイ王者の実力を遺憾なく発揮し快勝。前半戦を1-1で折り返す。

勝負のダブルスは、野田学園・戸上/宮川ペアの攻撃力が上回り、3-0のストレート勝ち。4番宮川も切れの良いフットワークで3-0のストレート勝ちを収めた。

結果、野田学園が3-1で勝利し、19日の決勝戦へと駒を進めた。

決勝では3連覇中の王者・愛工大名電(愛知)と対戦が決まっている。ここまで準決勝のダブルスの1本しか落としていないほぼ完璧な試合を見せる愛工大名電に対し、野田学園はどのような戦いを見せるのか。

>>橋津文彦インタビュー 「勝ち」にこだわることが人生を変える

男子学校対抗準決勝


写真:鶴岡東は一矢報いるも及ばず/撮影:ラリーズ編集部

野田学園(山口) 3-1 鶴岡東(山形)

松田 2-3 〇佐藤
〇戸上 3-0 櫻井
〇戸上/宮川 3-0 佐藤/原井
〇宮川 3-0 小松

>>戸上隼輔の使用用具・大会成績・プロフィール

男子ランキング
2020.10.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.21
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt