男女ともに注目株が優勝 中学卓球の頂点決める大会閉幕<全中結果> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:松島輝空(星槎)・張本美和(川中島)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 男女ともに注目株が優勝 中学卓球の頂点決める大会閉幕<全中結果>

2021.08.26 文:ラリーズ編集部

<第52回全国中学校卓球大会 日時:8月24日~26日 場所:日環アリーナ栃木>

26日、全国中学校卓球大会は最終日を迎え、男女シングルスの決勝戦までが行われた。男子では松島輝空(星槎)が、女子では張本美和(川中島)がそれぞれ優勝を飾った。

最終日総括


写真:坂井雄飛/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス決勝には第1シードの松島輝空(星槎)と、第2シードの坂井雄飛(愛工大名電)が登場した。第1ゲームを坂井が取ると、続く2ゲーム目、3ゲーム目を松島が連取して優勝に王手をかけた。坂井も1ゲームを取り返して2-2となり、最終ゲームまでもつれ込む。


写真:松島輝空/撮影:ラリーズ編集部

最終ゲームの接戦を松島が制し、松島が初優勝を飾った。


写真:篠原夢空/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルスでは女子団体に続いて2冠を狙う篠原夢空(貝塚第二)と、1年生にして決勝まで進んできた張本美和(川中島)が対戦。第1ゲームを篠原が取るも、張本が追い上げを見せて2ゲーム目のデュースを制すと、3ゲーム目もそのまま連取し王手をかける。


写真:全中優勝を達成した張本美和/撮影:ラリーズ編集部

第4ゲームで篠原がデュースで食らいつくも、張本が逃げ切る形で取り切り、張本の初優勝が決まった。

男子団体成績

第1位 愛工大名電(愛知)


写真:男子団体優勝の愛工大名電/撮影:ラリーズ編集部

第2位 野田学園(山口)


写真:野田学園中/撮影:ラリーズ編集部

第3位 実践学園(東京)、松徳学院(島根)


写真:実践学園中/撮影:ラリーズ編集部


写真:松徳学院中/撮影:ラリーズ編集部

女子団体成績

第1位 貝塚第二(大阪)


写真:女子団体優勝の貝塚第二中/撮影:ラリーズ編集部

第2位 四天王寺(大阪)


写真:四天王寺中メンバー/撮影:ラリーズ編集部

第3位 横浜隼人(神奈川)、益田(島根)


写真:横浜隼人中メンバー/撮影:ラリーズ編集部


写真:ダブルスを出迎える益田中メンバー/撮影:ラリーズ編集部

男子個人成績

第1位 松島輝空(神奈川・星槎)


写真:松島輝空/撮影:ラリーズ編集部

第2位 坂井雄飛(愛知・愛工大名電)


写真:坂井雄飛/撮影:ラリーズ編集部

第3位 薜大斗(石川・河北台)、吉山和希(愛知・愛工大名電)


写真:薜大斗/撮影:ラリーズ編集部


写真:吉山和希(愛工大名電中)/撮影:ラリーズ編集部

女子個人成績

第1位 張本美和(神奈川・川中島)


写真:張本美和(川中島中)/撮影:ラリーズ編集部

第2位 篠原夢空(大阪・貝塚第二)


写真:篠原夢空(貝塚第二中)/撮影:ラリーズ編集部

第3位 竹谷美涼(大阪・貝塚第二)、鈴木美咲(岡山・山陽学園)


写真:竹谷美涼(貝塚第二中)/撮影:ラリーズ編集部


写真:鈴木美咲(山陽学園)/撮影:ラリーズ編集部

歴代優勝者一覧

>>全国中学校卓球大会(全中)歴代優勝一覧 男子編|平成元年~令和2年・完全保存版

>>全国中学校卓球大会(全中)歴代優勝一覧 女子編|平成元年~令和2年・完全保存版

貝塚第二中特集

>>憧れは平野美宇と劉詩雯 14歳でTリーグ入りした“日本卓球界期待のホープ”篠原夢空

>>「大好きなライバル」双子の姉たちを追いかけて 貝塚第二中キャプテン上澤杏音

>>持ち味は“身体能力”と“強心臓” 卓球を楽しみ、伊藤美誠に憧れる道産子・吉本はな

>>卓球男子日本代表監督の愛娘・倉嶋杏奈「卒業するときはお父さんのようにエースに」

>>きっかけは「カットマンって楽で楽しそう」 叔母は元卓球日本代表・樋浦光

>>“卓球一家のサラブレッド”が日本生命のジュニアチーム加入 期待の大型新人・竹谷美涼

男子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt