早田ひな/平野美宇ペアが国際大会制覇 早田はシングルスと合わせて2冠達成<卓球・WTTコンテンダーアルマトイ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:早田ひな(日本生命)と平野美宇(木下グループ)/提供:WTT

大会報道 早田ひな/平野美宇ペアが国際大会制覇 早田はシングルスと合わせて2冠達成<卓球・WTTコンテンダーアルマトイ>

2022.09.19

文:ラリーズ編集部

<卓球・WTTコンテンダーアルマトイ 日程:9月13日~18日 場所:アルマトイ(カザフスタン)>

18日、WTTコンテンダーアルマトイは大会最終日を迎え、男女シングルス、男女ダブルスで優勝者が確定した。

早田ひなが2冠

早田ひな(日本生命)は女子シングルス決勝でユ・フ(ポルトガル)と対戦。ペンホルダー選手であるユ・フが独特なボールを繰り出し、第2ゲームを11-8で奪われるも、第3ゲーム以降は、先制攻撃をしかけた早田が相手を寄せ付けない強さを見せつけ、ゲームカウント4-1で早田が優勝に輝いた。


写真:早田ひな(日本生命)と平野美宇(木下グループ)/提供:WTT

また、女子ダブルスでは決勝で早田ひな/平野美宇(木下グループ)ペアが崔孝珠(チェヒョジョ)/申裕斌(シェンユービン・韓国)と対戦。序盤から早田・平野ペアの思い切りの良いプレーが続き3-0のストレート勝利で優勝を掴んだ。

早田は今大会、女子シングルスとダブルスで2冠を達成した。


写真:篠塚大登(愛知工業大学)/提供:WTT

また、今大会、篠塚大登(愛知工業大学)は準決勝でルーウェン・フィルス(ドイツ)に惜しくも敗れはしたが、東京五輪韓国代表の李尚洙(イサンス)との接戦をものにするなど、大きな話題となった。若手選手の活躍により日本の卓球界は大いに盛り上がりを見せており、今後の活躍からも目が離せない。

18日日本選手試合結果

女子シングルス決勝

〇早田ひな(日本生命)4-1 ユ・フ(ポルトガル)

女子ダブルス決勝

〇早田ひな(日本生命)/平野美宇(木下グループ)3-0 崔孝珠(チェヒョジョ)/申裕斌(シェンユービン・韓国)

最終結果

男子シングルス

優勝:ルーウェン・フィルス(ドイツ)
準優勝:林昀儒(リンユンジュ・チャイニーズタイペイ)
3位:篠塚大登(愛知工業大学)、 LIANG Yanning(中国)

写真:男子シングルス表彰式/提供:WTT

女子シングルス

優勝:早田ひな(日本生命)
準優勝:フ・ユ(ポルトガル)
3位:平野美宇(木下グループ)、ヤン・シャオシン(モナコ)


写真:女子シングルス表彰式/提供:WTT

男子ダブルス

優勝:林昀儒(リンユンジュ)/廖振珽(リョウシンテイ・チャイニーズタイペイ)
準優勝:アントン・ケルベリ/マティアス・ファルク(スウェーデン)
3位:Denis ZHOLUDEV/Sagantay KURMAMBAYEV(カザフスタン)、李尚洙(イサンス)/安宰賢(アンジェヒョン・韓国)


写真:男子ダブルス表彰式/提供:WTT

女子ダブルス

優勝:早田ひな(日本生命)/平野美宇(木下グループ)
準優勝:崔孝珠(チェヒョジョ)/申裕斌(シェンユービン・韓国)
3位:陳思羽(チェンズーユ)/HUANG Yi-Hua(チャイニーズタイペイ)、ZENG Jian/ZHOU Jingyi(シンガポール)

混合ダブルス

優勝:林昀儒(リンユンジュ)/陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズタイペイ)
準優勝:徐海東(シュハイドン)/WU Yangchen(中国)
3位:Cristian PLETEA/Adina DIACONU(ルーマニア)、林鐘勲(イムジョンフン)/申裕斌(シェンユービン・韓国)


写真:混合ダブルス表彰式/提供:WTT

スウェーデンチームインタビュー(2021年5月公開)


写真:アドバイスを送るヨルゲン・パーソン氏(写真中央)/提供:ittfworld

>>“元世界王者”パーソン氏が語る「強くなるために一番大切なこと」【前編】

>>“欧州のレジェンド”パーソン監督 節目の50年で語るスウェーデン卓球の現在地【後編】

>>スウェーデン卓球復活を背負うマティアス・ファルク「まっすぐ卓球に向き合うために必要なコト」【前編】

>>“スウェーデンのエース”ファルク、代表落ちから世界卓球銀メダルまで返り咲けたワケ【後編】

男子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3045 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5575 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1575 pt