【卓球・Tリーグ】松平賢二が琉球アスティーダに加入 松平3きょうだいが揃ってTリーグ参戦濃厚か 


*写真は松平賢二(協和発酵キリン)

6月29日、Tリーグに参戦を表明している琉球アスティーダ(以下、琉球)が、世界卓球選手権で2009年・2011年~13年に日本代表を経験した松平賢二の獲得を発表した。

松平賢二は2012年の第51回世界卓球選手権団体戦(ドルトムント大会)においては第3位銅メダルを獲得した経歴を持つ実力派の選手だ。

そして、国際大会の活躍にとどまらず、2014年の全日本社会人シングルスで優勝、2015年の日本リーグビッグトーナメントシングルスでは優勝、2017年の全日本選手権では、シングルスべスト16、ダブルスべスト16。そして今年の全日本選手権ではシングルスベスト8でランク入りするなど、国内での活躍も華々しい。

松平賢二は、弟の健太(木下グループ)の鉄壁の守りと柔軟な対応力を誇るプレーに対して、まさに「剛」のプレーが中心である。ダイナミックな両ハンドドライブに加えて、台から離れたラリー戦を得意とする非常に魅力的なプレーを得意とする。

加えて、松平賢二は明るいキャラクターを活かして様々なファンイベントにも登壇するなど、ファンとの距離の近さも魅力の一つである。

琉球代表の早川氏は「この度、実力と人気を兼ね備えた松平選手を琉球アスティーダに迎え入れることができ、大変嬉しく思います。国際経験豊かな松平選手の活躍を確信しています。」とコメントを発表した。

そして、松平賢二がTリーグに参戦が決定したことで、松平健太が木下グループからの参戦となる可能性が高く、妹の志穂は日本ペイントマレッツからの参戦となるため、3きょうだいが揃ってTリーグ参戦することが濃厚となった。

Tリーグを松平3きょうだいが盛り上げてくれることにますます期待が高まる。

文:ラリーズ編集部
写真:田村翔/アフロスポーツ

関連リンク

【特集:東京2020期待の星】世界卓球での結果がカギに?松平健太
【Tリーグ】3月加入!松平志穂の目標【日本ペイント取材記事第2弾】
【卓球・Tリーグ】琉球アスティーダ、陳建安を獲得。沖縄の地に「台湾2トップ」が揃い踏み
【Tリーグ】琉球アスティーダ 有名卓球YouTuberとチームドクターを獲得
福原愛の夫・江宏傑の戦績は?Tリーグ・琉球アスティーダで活躍なるか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする