Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.11.16

【卓球・Tリーグ】岡山リベッツが初のホーム戦完勝 韓国勢の加入で優勝候補一角に<11/16 岡山vs彩たま>


*写真は森薗政崇(左)、上田仁/©︎T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 11月16日(金)岡山武道館>

岡山が大歓声の中、初のホーム戦を完勝

16日、卓球・Tリーグ男子初のホームアウェイマッチが岡山武道館で開催され、ホームの岡山リベッツT.T彩たま を3-1で下し、初の地元開催マッチを制した。

10月のTリーグは両国、立川、名古屋に全チームが集まってのセントラル方式だったが、11月からは各チームの地元を含む全国各地で開催される。

サッカーや野球などでも一般的にはファンの多いホームが有利とされる中、卓球の団体戦ではどうなるか注目が集まったが、岡山リベッツは地元の声援を力に変えた。また10月には不在だった昨年の世界卓球銅メダリストのイ・サンス、若手左腕のイム・ジョンフンの2名の韓国選手が加わり、10月とは全く別のチームと言っていいほどの選手層の厚みを見せた。ダブルス巧者の森薗政崇上田仁を1番で起用し、強豪・韓国選手を2枚起用できるオーダーは、水谷隼張本智和を擁し、ここまで全勝で首位を独走する木下マイスター東京にとっても脅威となる。

両チームの次戦は明日17日に予定されている。勢いに乗る岡山はホーム2連戦で琉球アスティーダと、彩たまは場所を東京・立川立飛アリーナに移し、開幕戦で敗れた木下マイスター東京と対戦する。

岡山リベッツ vs T.T彩たま各マッチの解説

1番:上田仁/森薗政崇 2-0 岸川聖也/黄鎮廷

ここまで2戦2勝と彩たまのエースダブルスとして定着した岸川/黄ペアだったが、試合直前のオーストリアオープン・ダブルスで優勝して勢いにのる森薗と岡山リベッツの主将・上田のペアが勝負強さを見せ2-0のストレートで勝利した。ダブルス巧者同士が組む森薗/上田ペアは前試合で水谷/田添組(木下マイスター東京)も下しており、これで2戦2勝と負け無しだ。

2番:イムジョンフン 3-2 吉村真晴

イムジョンフン(岡山リベッツ)

イムジョンフン(岡山リベッツ)


試合直前の今週に岡山リベッツへの加入が発表された世界ランク22位のイムジョンフンが0-2からの逆転勝利で吉村真晴を3-2で下した。Tリーグデビュー戦となったイムは0-2とリードされた3ゲーム目の4-6でたまらずタイムアウト。この追い込まれた展開からの7連続ポイントで一気に流れをつかみ、世界レベルのパワー卓球で一気に試合を制した。

3番:イサンス 3-2 黄鎮廷

昨年の世界卓球シングルス銅メダリストのイサンスが、香港のエース・黄との熱戦を制した。黃の安定したプレーをイサンスのパワー卓球が打ち抜いた形だ。世界トップレベルのプレーを間近で観戦した1000人超のファンは両者の激戦に歓喜の声を挙げた。

4番:上田仁 1-3 チョンヨンシク

岡山の勝利が決まった後の試合となったが、モチベーションの落ちることのなかった「埼玉のヨン様」こと韓国代表のチョンヨンシクが岡山の主将・上田を下し、ここまで4戦4勝。連勝記録を伸ばした。チョンヨンシクの長身から繰り出されるバックハンド連打はTリーガーにとっての驚異となっている。

11/16Tリーグ 岡山リベッツ 3-1 T.T彩たま

◯上田仁/森薗政崇 2-0 岸川聖也/黄鎮廷
11-5/14-12

◯イムジョンフン 3-2 吉村真晴
8-11/10-12/11-6/11-8/11-8

◯イサンス 3-2 黄鎮廷
11-6/11-9/7-11/9-11/13-11

上田仁 1-3 ◯チョンヨンシク
11-8/8-11/9-11/8-11

ダイジェスト動画はこちら

文・ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」