【卓球】石川・平野が初戦快勝 次戦は両者の直接対決<女子ワールドカップ2018>


*写真は石川佳純(全農・左)、平野美宇(日本生命・右)

<女子ワールドカップ2018(成都) 2018年9月28日~9月30日>

29日、女子ワールドカップは2日目を迎え、いよいよ決勝トーナメントが始まった。日本からは(9月度世界ランキング4位・25歳)=全農=、平野美宇(同9位・18歳)=日本生命=が出場している。

石川は初戦、チャイニーズタイペイの陳思羽(同27位・25歳)と対戦し、立ち上がり2ゲームを落とすも、その後きっちりと立て直しゲームカウント4-2で勝利。第2シードの実力を見せた。

平野は日本女子因縁の相手とも言える、北朝鮮のエース、キム・ソンイ(同63位・24歳)と対戦し、ゲームカウント4-0のストレートで勝利した。今年の世界選手権では石川佳純が大いに苦しめられたが、平野は高い集中力を発揮し、キムソンイの粘り強いカットを撃ち抜いた。

そして次戦、準々決勝は日本時間18時20分から石川、平野の直接対決となった。直近では2018年3月のカタールOPでは4-2で石川が勝利。2017年9月のアジアカップでは4-3で石川の勝利と、石川が平野に連勝中だが、2017年の全日本選手権女子シングルス決勝では石川は平野にゲームカウント2-4で敗れている。果たして勝利の女神が微笑むのは経験で勝る石川か、強敵に圧勝し勢いに乗る平野か。

女子ワールドカップ 準々決勝の組み合わせ

朱雨玲(中国) vs ソフィア・ポルカノバ(オーストリア)

鄭怡静(チャイニーズタイペイ) vs 杜凱栞(中国香港)

石川佳純 vs 平野美宇

丁寧(中国) vs 徐孝元(韓国)

女子ワールドカップ 決勝トーナメントの結果

ベスト8決定戦

○石川佳純 4-2 陳思羽(チャイニーズタイペイ)
4-11/5-11/11-7/11-9/11-8/11-8

○平野美宇 4-0 キム・ソンイ(北朝鮮)
11-7/11-9/11-5/11-3

○朱雨玲(中国) 4-0 マチルダ・エコーム(スウェーデン)
11-8/11-5/11-7/11-5

○徐孝元(韓国) 4-3 レイ・ジェンファン(オーストラリア)
11-6/11-4/4-11/11-4/6-11/9-11/11-6

○ソフィア・ポルカノバ(オーストリア) 4-0 サマラ・エリザベタ(ルーマニア)
11-9/11-8/11-9/11-6

○丁寧(中国) 4-0 リュウ・ジャ(オーストリア)
11-7/11-9/11-4/11-7

○鄭怡静(チャイニーズタイペイ) 4-0 ゲオルギナ・ポータ(ハンガリー)
11-6/11-8/20-18/13-11

○杜凱栞(中国香港) 4-2 ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)
6-11/11-6/12-10/11-6/16-18/11-8

文:ラリーズ編集部
写真:ittfworld

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする