【卓球】張本全試合ストレート勝利で決勝T進出<ユース五輪2018 男子2日目の結果>


*写真は張本智和(JOCエリートアカデミー)

<第3回ユースオリンピック競技大会(アルゼンチン・ブエノスアイレス) 2018年10月6日~10月18日>

7日に開幕したユースオリンピック競技大会は2日目を迎え、男子シングルス予選リーグが行われた。

男子日本代表として、張本智和(10月度男子世界ランキング8位・15歳)=JOCエリートアカデミー=が出場。前日の試合では2試合ストレート勝利でトップランカーの実力を見せた。この日張本は予選最終戦をPAGARANI Rohit(同1077位・16歳)=ベリーズ=と戦い、この試合もゲームカウント4-0のストレートで勝利。全勝で決勝トーナメント進出が決まった。

次戦は9日10時(日本時間9日22時)からTHAKKAR Manav Vikash(同218位・18歳)=インド=と対戦予定だ。インドは昨年からプロリーグが立ち上がり、吉田雅己(Tリーグ・岡山リベッツ)を含め海外から多くのトップ選手が参加している。今年のアジア大会でも男子団体・決勝トーナメント初戦で日本はインドに敗れており、卓球のレベルが著しく上がっていることが伺えるため、油断ならない。

ユース五輪2018 男子2日目の結果

男子シングルス 予選

○張本智和 4-0 PAGARANI Rohit(ベリーズ)
11-1/11-2/11-2/11-4

文:ラリーズ編集部
写真:ittfworld

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする