卓球男子世界ランキング(2021年第39週)|"ブラジルの至宝"カルデラノが自己最高の5位に | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ウーゴ・カルデラノ/提供:ittfworld

卓球世界ランキング 卓球男子世界ランキング(2021年第39週)|“ブラジルの至宝”カルデラノが自己最高の5位に

2021.09.30

文:ラリーズ編集部

国際卓球連盟(ITTF)は28日、2021年第39週の世界ランキングを発表した。2021年より世界ランキングは新方式となり、以前の月1回の更新から毎週火曜日に1回更新される形式に変更されている。

今回は2021年9月20日~25日に行われたWTTスターコンテンダードーハ大会の結果が反映され、順位に変動が生じた。

>>女子世界ランキング(2021年第39週)

カルデラノが5位に

WTTスターコンテンダードーハ大会の男子シングルスで優勝したウーゴ・カルデラノ(ブラジル)が600ポイントを獲得し、自己最高位の世界ランキング5位に浮上した。

他にもWTTベスト4のリアム・ピッチフォード(イングランド)が14位に、WTT準優勝のダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)が23位にランキングをそれぞれあげている。一方、日本勢男子は2回戦進出が最高だったため、ポイントを伸ばせなかった。

世界トップ10、日本男子の50位までの選手は以下の通り。

男子シングルス世界ランキングトップ10

1 樊振東(中国)  12494
2 馬龍(中国)  12212
3 許昕(中国)  10356
4 張本智和(日本) 8709
5 ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)  8464
6 林昀儒(チャイニーズタイペイ)  8375
7 林高遠(中国)  8034
8 ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)  8024
9 マティアス・ファルク(スウェーデン)  7357
10 ティモ・ボル(ドイツ) 7086

※選手名右の数字はランキングポイント

日本男子シングルス世界ランキング(50位以内)

4 張本智和(木下グループ) 8709
18 丹羽孝希(スヴェンソン) 5841
21 水谷隼(木下グループ) 5482
40 宇田幸矢(明治大学) 3716
47 神巧也(T.T彩たま) 3276
49 森薗政崇(BOBSON) 3161
※選手名右の数字はランキングポイント

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?


>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

男子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
7700 pt
2
張本智和(日本)
4550 pt
3
馬龍(中国)
4400 pt
1
張本智和(日本)
4550 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6715 pt
3
王曼昱(中国)
5250 pt
1
伊藤美誠(日本)
3415 pt
2
早田ひな(日本)
3005 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt