有延大夢の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2018.07.02

有延大夢の使用用具・大会成績・プロフィール

写真:有延大夢(リコー)/撮影:ラリーズ編集部

卓球国内リーグ・ノジマTリーグ「琉球アスティーダ」に所属し、世界ランキング上位入賞を目指す有延大夢を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から国際大会での戦績についても触れます。

実業団のリコーで営業マンとして最前線で働きながらも卓球選手としても活躍し、二足のわらじを履いている有延大夢。
今回は、そんな有延大夢のプロフィールを見ていきましょう。

有延大夢とは?

有延大夢は、2018年日本リーグ前期大会で最高殊勲選手賞を受賞、USオープンでも優勝し、オーストラリアオープンでは世界ランクでは格上のディアゴ・アポロニア(世界ランク38位)にも勝利するという大金星を収め、注目を集めている選手です。

プロフィール

有延大夢は1994年10月12日生まれの25歳(2019年6月時点)。福岡県出身です。

卓球を始めたのは4歳。父親と兄の影響を受けラケットを握り始めます。

山口県の名門・野田学園に入学。吉村真晴らとともに、橋津文彦監督の指導を受けます。

その後、明治大学へと進学、全日本大学総合選手権シングルス・ダブルスを2013年に同時優勝、2014年度にもダブルスで優勝し、タイトルを積み重ねます。

明治大学卒業後は、2017年から実業団リコーに所属し、翌年2018年には前期日本卓球リーグにて優勝を成し遂げ、それを期に同年の全日本卓球選手権大会(団体の部)優勝、JTTLファイナル4優勝とエースとしてめざましい活躍を上げています。

この年、「琉球アスティーダ」にも所属し、翌年2019年にはバタフライとアドバイザリー契約を結びました。

プレースタイル

有延大夢の戦型は、攻撃用シェークハンドの両面に裏ラバーを貼る右シェーク攻撃型です。両ハンドのスピードドライブを武器に、ラリー戦を得意としており、スピードは国内トップクラスだ。また、苦手であったサービスや台上技術を磨き、サービスやレシーブでプレッシャーをかけ、強みであるスピードドライブにつなげていくスタイルとなっています。

使用用具

有延大夢の使用ラケットはバタフライのZRカーボンシェーク/インナーファイバー仕様で、ラバーは両面を「ディグニクス05」使用しているようです。

世界ランキング

有延大夢の世界ランキングは2018年10月時点で過去最高233位となるものの2019年7月時点で281位と伸び悩むが、過去対戦成績を見てみると世界ランキング上位の選手にも多くの勝ち星を収め、今後の活躍に注目です。

国内大会での主な戦績

2011年
 平成23年度インターハイ:男子ダブルス優勝
2013年
 平成25年度全日本大学総合選手権:男子ダブルス優勝
 平成25年度全日本大学総合選手権:男子シングルス優勝
2014年
 平成26年度全日本大学総合選手権:男子ダブルス優勝
2018年
 前期日本卓球リーグ:優勝
 平成30年度全日本卓球選手権大会(団体の部):優勝
 JTTLファイナル4:優勝

国際大会での主な戦績

2017年
 USオープン:優勝

まとめ

若くして国内外で数多くの功績を残し、卓球界では珍しい、営業マンと卓球選手の二足のわらじを履く有延大夢。25歳と今後の卓球界を引っ張っていく選手に成長していくのではないかと期待が高まります。まだまだこれからの活躍が期待される有延大夢の今後の挑戦に要注目です。

有延大夢に関する記事の一覧はコチラから

有延大夢に関する記事一覧

文:ラリーズ編集部

 
 

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.08.26
世界
日本
1
許キン(中国)
15980 pt
2
樊振東(中国)
15470 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13495 pt
2
丹羽孝希(日本)
10800 pt
3
水谷隼(日本)
10695 pt
女子ランキング
2019.08.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15380 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
石川佳純(日本)
13608 pt
2
伊藤美誠(日本)
12735 pt
3
平野美宇(日本)
11965 pt
SNS
FOLLOW US