有延大夢(リコー)の用具紹介|俺の卓球ギア#75 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:有延大夢の卓球ギア/提供:有延大夢

卓球用具紹介 有延大夢(リコー)の用具紹介|俺の卓球ギア#75

2020.09.15 取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)

卓球人のこだわりグッズを紹介する「俺の卓球ギア」。

第75回となる今回は、実業団・リコー卓球部に所属しながらTリーグ・琉球アスティーダでもプレーする有延大夢の卓球ギアを紹介する。

>>国公立大学からプロ選手まで!用具や愛用品を紹介する企画「俺の卓球ギア」はこちら

有延大夢の卓球ギア


写真:有延大夢の卓球ギア/提供:有延大夢

戦型
 右シェーク裏裏
ラケット
 張継科 ALC(バタフライ)
ラバー
 フォアディグニクス09c(トクアツ・バタフライ)
 バックディグニクス05(トクアツ・バタフライ)
こだわりのもの
 ストレッチ用のチューブ
 iPad
※ギアは2020年6月時点のもの

より速くより攻撃的に 強くなるため用具変更

有延は、山口県野田学園高校でインターハイダブルス優勝、明治大学では全日学ダブルス優勝、全日学選抜シングルス優勝と輝かしい実績を持つ。

社会人になり、リコーでは2018年前期日本リーグMVP獲得、琉球アスティーダでは2ndシーズン最終戦でリアム・ピッチフォード(T.T彩たま/イングランド)を下し、チームを2位に導いた。


写真:2020年全日本での有延大夢(リコー)/撮影:ラリーズ編集部

有延の使用用具は、張継科 ALCにフォア:ディグニクス09c、バック:ディグニクス05。卓球界随一のスピードを誇る有延の両ハンドドライブを支えるギアだ。

ラケットに関しては最近用具変更を行ったという。より速くより攻撃的に。強くなるために有延は安定感よりも攻撃力を求めた。


写真:2020年全日本での有延大夢/撮影:ラリーズ編集部

「それまで5年間ずっと同じ用具を使っていました。僕は得点を奪うことは得意ですけど、守るのは苦手というマインドで、安定する用具選びをしていました。ただ、バタフライの担当の方から、より攻撃に特化した方が良いんじゃないかと助言をもらって、新しい用具を試してます。今のラケットは直線的に行くボールが多いので、相手からしても速いボールに感じるのではと期待して使ってます」。

自らを見つめ直したポーランドリーグ

有延は、リコーで働きながら卓球部でプレーするとともに、2019年シーズンはTリーグとポーランドリーグにも参戦した。


写真:有延大夢(リコー)/撮影:ラリーズ編集部

ポーランドでの1人の時間が有延にとっては重要な時間となった。

「ポーランドリーグはまた違った経験でした。まず成田空港まで1人で行って、1人で飛行機に10時間乗って移動する。ヨーロッパにいると時差があり、日本人と連絡取ることもあんまりしない。その時間で『自分はどうしていきたいんだ』というのを見つめ直す良い時間になりました」。

印象深い水谷隼戦

有延は、Tリーグ2ndシーズンの最終試合、T.T彩たま戦で格上のピッチフォードを下す大金星をあげた。Tリーグのシングルスではピッチフォード戦含むシーズン3勝ながら侯英超(ホウエイチョウ)、水谷隼と格上相手にジャイアントキリングを起こしている。


写真:有延大夢/撮影:伊藤圭

中でも有延は、2020年2月8日の水谷への勝利は卓球キャリアを通しても印象的だと語る。

「なぜ勝てたかわからない(笑)」と照れ笑いを浮かべながらも「水谷さんに勝てたのは自分の中で大きい。僕は明治大学のとき全日本で水谷さんの練習相手をしていて、ずっと優勝してる姿を見てきた。この人と試合して勝ちたいという思いはありました。勝てたことは自信になりますね」と感慨深げに振り返った。

リコーではエースとして活躍し、琉球アスティーダでは大物食いを見せた有延。ただ、どんな試合もするべきことは変わらない。勝ってチームに貢献する。有延の戦いはこれからも続いていく。

有延大夢インタビューはこちら

>>卓球部エース×法人営業マン Tリーガー含む“四足のわらじ”を履く有延大夢

【動画】有延が水谷隼に勝利した試合ダイジェスト

【動画】劇的なTリーグ2ndシーズン最終戦

男子ランキング
2020.12.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.06
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt