Q5(ミズノ)をレビュー スピンとスピードの両立を図った万能ラバー【卓球】 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.06.03

Q5(ミズノ)をレビュー スピンとスピードの両立を図った万能ラバー【卓球】

MIZUNO(ミズノ)社のラバー「Q5」は、同社の「Q3」、「Q4」に続くQシリーズの最新作です。Q4のスピン性能はそのままにスピードとの両立を図ったテンション系裏ソフトラバーです。

スピン、スピード、コントロールが高いレベルでバランスが良いと注目を浴びている「Q5」。果たして、どのような特徴や性能があり、どのような選手に適しているのか、詳しく見てみましょう。

>>ミズノQ4はQ3からどう変わった?カットマンにもおすすめの卓球ラバー

ミズノ・Q5とは?

MIZUNO(ミズノ)の「Q5」は、2017年に発売された「Q3」、2018年に発売された「Q4」に続くQシリーズとして【Qはついに、ここまで来た】というキャッチフレーズで2019年に発売されたテンション系裏ソフトラバーです。

独自のラバー開発、成形する段階での焼き加減、接着方法などの配合以外のエネルギーロス要因も抑えることで、エネルギー効率を高めているのが特徴で、Q5はシートだけでなくスポンジにも改良を加えることでスピンとスピードの高レベルでの両立を可能にしています。

スポンジの厚みは、特厚(トクアツ)は2.1mm、厚(アツ)は1.9mm、中(チュウ)は1.7mmとなっています。

>>フォルティウスFTは“つかむ”感覚を追求した攻撃力と繊細さを両立したラケットだ

Q5の特徴

Q5にはどのような特徴があるのか、具体的に見ていきましょう。

エネルギー効率の高さを追求したQシリーズ

Q5をはじめとするQシリーズには、度重なる開発により生み出された「エネルギー損失を抑えた素材」が使用されています。成形する段階での焼き加減、接着方法などの配合以外のエネルギーロス要因も抑えることで、さらにエネルギー効率を高めています

そのため選手のスイングパワーをできるだけロスなく伝えることが可能となっています。またQ3、Q4、Q5それぞれにおいて、トップシート形状とスポンジ硬度が、各プレースタイルに合うように設計されています。

やや太い粒によるグリップ力はそのままにスピード機能をアップ

トップシートの粒はQ4と同形状でやや太い粒となっています。Q4からの変更点として粒間隔がやや広めに設計されました。これにより強いインパクト時にボールの食い込みが良くなり、ボールスピードを生み出すことが可能です。

スポンジの気泡を大きくしたことで食い込みと弾みの両立を可能に

Q5に搭載されているスポンジは前回のQ4と違いスポンジの気泡が大きく発砲されています。MIZUNO(ミズノ)が新たに独自開発したスポンジである「アクセルアークスポンジ」は大きな気泡により、食い込みと反発力による弾みの両立が実現されています。

>>テナジー05がベストセラーの理由 抜群の安定感がある最強ラバーの魅力を解説

Q5に向いているプレーヤー

Q5はスポンジが変更となり、食い込みが上がったことでスポンジやシートの硬度はQ4と変わらないもののコントロール性能が上がったとされています。そのため、初級者から上級者まで満足して使えるラバーだとT.T彩たまの坂本竜介監督も試打動画で語っています。

上級者のレビューや試打動画をみると「テナジーのように自動的に回転がかかる」という意見がみられたため、ボールの回転の変化や緩急で勝負するタイプよりループドライブでしっかり回転をかけラリー戦に持っていく正統派のドライブマンに向いていると考えられます。

一方で、中級者にとっては中途半端な体勢で打ってしまうと良い球が出なく苦戦する可能性が考えられるので、ドライブで押していくタイプよりは弾みを利用したブロックやカウンターを多用するタイプに向いているのかもしれません。

>>軽いのに飛ぶ!?「インフィニティVPS V」はバランス性能に優れた秀逸な木材ラケットだった

Q5のラケットとの相性

レビューを見るとQ5はQ4と比較すると弾みがアップしているため、あまり弾まないラケットが合うのではないかと考えられます。

しかしながら、高いレベルでバランス良い性能のため、木材やインナーで食い込みをさらによくしスピンで勝負する、もしくはコントロール性能があがったためアウターでスピード性能を高める、と使用者の目指すプレーによって使い分けられるのではないかと思います。

Q5の寿命と重さ

Q5の寿命は、個人差があるため一概には言えませんが、週2,3回の練習で2か月は持っているというレビューが見受けられました。

また、Q5の重さは、他のスピン系テンションラバーより少し重めのようです。

>>テナジー80は水谷隼も愛用したラバー!? 特徴は回転とスピードのバランスにあり

Q5の評価とまとめ

Q5は、スピン性能はそのままにシートの改良によりスピードとの両立を図った卓球ラバーです。スポンジの改良で食い込みを良くしたことで、初級者から上級者までが満足できるラバーとなっています。

もちろん、いずれも使用感には個人差があるので、気になる方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

>>キョウヒョウNEO3の魅力を徹底解説 世界のトップ選手が多く愛用する卓球ラバー

文:ラリーズ編集部

コメント
0